「ディカプリオ」に賞賛の嵐!「復讐」に燃える父親の姿を熱演

2020年2月12日

今回紹介する「映画」は、

アメリカの西部開拓時代を生きた実在の罠猟師ヒュー・グラスの半生と、

グラスが体験した過酷なサバイバルの旅を描いています。

グラスを演じるのがレオナルド・ディカプリオ

瀕死になりながらも復讐に燃えるグラスを、

見事に演じきっています。

 

スポンサーリンク

「ディカプリオ」が演じる、「復讐」に燃える父親の姿

 

レヴェナント蘇えりし者

「レヴェナント:蘇えりし者」予告1(150秒)

監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
音楽 坂本龍一
アルヴァ・ノト
出演 レオナルド・ディカプリオ
トム・ハーディ
アメリカ公開 2015年12月25日(プレミア公開)
日本公開 2016年4月22日
第88回アカデミー賞 監督賞 受賞
主演男優賞 受賞
撮影賞 受賞
作品賞 ノミネート
衣装デザイン賞 ノミネート
編集賞 ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート
美術賞 ノミネート
音響編集賞 ノミネート
視覚効果賞 ノミネート

アレハンドロ・G・イニャリトゥが監督賞、エマニュエル・ルベツキが撮影賞、
レオナルド・ディカプリオ主演男優賞3部門受賞しています。

 

ネタバレをせずに、紹介します。

舞台は1823年、アメリカ西部の極寒地帯。

ある毛皮ハンターの一団がキャンプを張っていた所に、先住民の襲撃を受けてしまいます。

大きな犠牲を払いながら、命からがらなんとか船で川を下り、少人数で逃げていきました。

ガイドとして同行していたハンターのグラスと、息子ホーク

船で川を下るのはまずいと、船を捨て山越えルートを選んで砦に向かいます。

その道中、見回りをしていたグラスはに襲われてしまいます。
重傷を負ったグラスは瀕死状態です。

一団の隊長は瀕死のグラスを置いて出発する事を決断して、
グラスの最期を看取り埋葬する者として、息子ともう2人をその場に残して出発しました。

そして事件が起こります

瀕死の重傷を負っているグラスを足手まといと思っている1人が、グラスを殺そうとしますが、息子ホークに見つかってしまい、争いの末、ホークは殺されてしまいます。

瀕死のグラスの目の前で・・・。

生きたまま極寒の地に取り残されたグラス、

息子を目の前で奪われ、瀕死の重傷を負いながらも、生き延びようとします。

復讐のために・・・。

 

ディカプリオが復讐に燃える父親を熱演した、
レヴェナント蘇えりし者
約2時間30分、堪能してください。

 

スポンサーリンク

 

この「映画」を観た方達の感想を、少しだけ

 

「レヴェナント:蘇えりし者」を観たAさん

山、森、河、空、雪、雪、雪・・。
なんていう映像と人の生きる力。圧巻でした。
シンプルなストーリーなのに3時間はあっという間に過ぎ、息子に寄り添う父の姿や、ポーニー族の男との束の間の言葉の無いやり取りに心掴まれます。
息が続く限り生き抜いていく。
最初から最後の息遣いの音まで、そのメッセージだけです。

 

「レヴェナント:蘇えりし者」を観たBさん

圧巻の長回し、ディカプリオVS熊、サバイバルからの復讐劇。
お腹一杯の骨太映画です。

 

「レヴェナント:蘇えりし者」を観たCさん

セリフも少なく、表情や息遣い、身体の震え、目力、
極寒の中、
息子を殺された無念さや憎しみ、そして生きる執念、
ディカプリオのオスカー受賞ばかりが話題になっていますが、そんな事を抜きにして凄い映画でした。

トム・ハーディ、全く分からなかったです。
彼も素晴らしかった。

 

「レヴェナント:蘇えりし者」を観たおじさん

上映時間は2時間36分と表記されています。
その時間を感じさせない、ストーリーの強靭さがこの「映画」にはあります。

シンプルに言えば、
父親の復讐劇
で、終わってしまうのですが、あの瀕死の状態からは一切想像できない復讐劇を、ディカプリオが視聴者に突きつけてくれますので、
是非、観ていない方は1度視聴してみてください。

できたら、
2時間30分という長丁場の復讐劇ですから、
時間のある時、あるいは体調万全でストーリー性の高い「映画」を観たいと思っている時に、
レヴェナント蘇えりし者」を再生してください。
強靭で濃厚な「映画」ですので、気を引き締めて視聴しないと、かなり疲れると思います。
良い意味で、ですけどね。
オススメします。

 

今現在、「Netflix(ネットフリックス)」で視聴可能です

Netflix(ネットフリックス」内で、「レヴェナント」か「ディカプリオ」で検索して頂ければ、
表示されますので、試してみてください。

 

 

レオナルド・ディカプリオについて

 

レオナルド・ディカプリオ(1974年11月11日〜)は、アメリカの俳優、映画プロデューサー、脚本家としても活躍している、日本でも有名な方です。

この「レヴェナント蘇えりし者」でアカデミー賞主演男優賞を受賞していますが、今回が初めての受賞でした。今まで受賞していなかったのが、不思議に思えるぐらいです。

主なアカデミー賞ノミネートが、

映画 アカデミー賞 結果
ギルバート・グレイブ 助演男優賞 ノミネート
アビエイター 主演男優賞 ノミネート
ブラッド・ダイヤモンド 主演男優賞 ノミネート
ウルフ・オブ・ウォールストリート 主演男優賞 ノミネート
レヴェナント:蘇えりし者 主演男優賞 受賞

5回ノミネートされて、ようやく「レヴェナント蘇えりし者」でオスカー受賞です。

 

レヴェナント蘇えりし者」でディカプリオは各賞から絶賛されて、賞という賞を総ナメしています。

第36回ボストン映画批評家協会賞 主演男優賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)
放送映画批評家協会賞 主演男優賞
全米映画俳優組合賞 主演男優賞
英国アカデミー賞 主演男優賞
第88回アカデミー賞 主演男優賞

これら全てを受賞しています。グラス役を演じたディカプリオ、納得です。

 

日本では、「タイタニック」の大ヒットで「レオ様」なんて呼ばれているディカプリオですが、
今や風格さえ漂っている俳優になったと、個人的には思っています。カッコいいだけの俳優ではありませんね。

ディカプリオの次回作、
クエンティン・タランティーノ監督作
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ハリウッド
ブラッド・ピットと共演しています。アル・パチーノまで出演している、期待の「映画」です。

楽しみに待っています。

 

 

最後に

 

レヴェナント蘇えりし者」の原作は、
作家マイケル・パンクの小説「蘇った亡霊:ある復讐の物語」です。
実在した罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルの旅を描いています。

実話ではありません。実際に起こった出来事を「映画」にしたわけではなく、
罠猟師のサバイバル体験を脚色して「映画」にした物語です。

ただ、

熊との格闘本当の話で、グリズリーに襲われて大怪我をしています。瀕死の状態になったのは実話です。
この熊との格闘シーン、
生々しくて異様に怖いですよ。私は肝が冷えましたね。

 

レヴェナント蘇えりし者」、
実話ではありませんが、「映画」として素晴らしい事に変わりはありませんので、
是非、1度ご覧になってみてください。
「レオ様」からディカプリオという俳優へ脱皮している様を、
確認してみるのも面白いかと。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク