道尾秀介『カエルの小指』あらすじ/感想/「カラスの親指」から続くシリーズ2作目

今では直木賞作家として有名な道尾秀介が、
初めて直木賞の候補に名前を連ねたのは「カラスの親指」。

その主要な登場人物たちをそのまま再結成させ、
シリーズ2作目となったのが今作カエルの小指

道尾秀介『カエルの小指

✅ この先も続いていきそうなシリーズ2作目

✅ 二転三転・・・十転ぐらいする騙し合いの大逆転劇

✅ 読者も一緒になって最後まで騙されるけど、後味は悪くない

シリーズ1作目の「カラスの親指」を読んでから10年以上の時間が経っておりますが、
シリーズ2作目を読み進めていると、
不思議と思い出してくるもんですね。

スポンサーリンク

道尾秀介『カエルの小指』あらすじ/感想

目次
  • 「THUMB/Finding him」:11〜
  • 「INDEX FINGER/Go this way」:80〜
  • 「MIDDLE FINGER/F✖︎✖︎k it off」:146〜
  • 「RING FINGER/They need an ointment」224〜
  • 「PINKY/Crow's “pinky”」:350〜
  • 「PALM/A murder of crows」:395〜
前作からの主な登場人物
武沢竹夫:通称タケ、詐欺師から足を洗い、実演販売士として生活している
まひろ:スリで生活していた少女が、今年で31歳
やひろ:まひろの姉、結婚しテツという息子を持つ、今年で38歳
貫太郎:やひろの夫、テツの父親、贅肉で包まれた身体を持つ肥満

あらすじ

カエルの小指』あらすじ

詐欺師稼業から足を洗い、ホームセンターやデパートの一角で、
実演販売士として働き、堅気の生活をしていた武沢竹夫(通称:タケ)。

いつものように実演販売していたある日、

訳ありの中学生キョウがタケに接触してきた。

話を聞いてみると、

キョウの母親が酷い詐欺被害にあい、
その時を境に厳しい現実を生きる事になってしまったらしい・・・。

そして、

そんな中学生のキョウからとんでもない依頼を受けたタケ・・・。

因縁というべきか、それとも人の縁なのか、

様々な想いが交差する中、
タケはキョウの為に依頼を受ける。

かつての仲間の力を借り、かつての恩人へ許しを請いつつ、

「久々に派手なペテンを仕掛ける!!」

カエルの小指

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
『カエルの小指』の感想

 

2008年に単行本化された道尾秀介の「カラスの親指」、
その続編とでも言いますか、
主な登場人物たちをそのまま継続させたカエルの小指
10年以上の時を経て読んだシリーズ2作目となりました。

 

正直に言いますと、読み始めた当初は1作目をほぼ覚えていなくて、「ん?」とか、「あ、これ確か・・・」とか、探り探りだったんですけど、
読み進めていくうちに、不思議と思い出すもんですね。

 

途中から1作目の記憶も相まって、ラストまで突っ走れる物語になっていました。

 

面白かったです。

 

カエルの小指の文庫の帯に、

 

「絶対に騙される大逆転劇!」と書かれていて、

 

「あ〜、その“騙される”の中に読者も入っているな」

 

なんて読後感を味わいながら、
切ない気持ちと妙な安堵感、そして、このメンツの物語をまた読みたいと思いつつそっとページを閉じられる1冊になっています。

 

変な予想もしてしまいますけど。

 

「カラスの親指」⇨カエルの小指ですから、次は、

 

「何の何指?」、「カがつく生き物で3文字、親指と小指以外だから〜」、

 

「カピバラの!・・・ダメだ4文字だ・・・」と、全く意味のない時間を過ごしてしまいますが、
そうしたくなるほど続編に期待してしまいますね。

 

できたらもう少し間隔を狭めていただけるとありがたい・・・。

 

前作「カラスの親指」の面子と久々の再会となったカエルの小指
前作を読んでいるなら手にとってみてください。
失敗しないと思いますよ。

 

 

シリーズ1作目「カラスの親指」

「カラスの親指」:簡単なあらすじ

やさぐれたベテランの詐欺師:武沢竹夫(通称タケ)は、
暗い過去の出来事から逃亡生活を送っていた。

病死した妻、職を失い、
ヤクザを警察に突き出し逮捕させた後、その報復として失ってしまった幼い娘・・・。

そんなタケが1人の男(テツ)に出会い、
2人はコンビを組んで仕事を重ねていたが、ヤクザからは容易に逃げられない。

そして、偶然なのか必然だったのか、
スリをしていた少女まひろ、姉のやひろ、やひろの彼氏貫太郎、
子猫のトサカと共同生活を始めた5人と1匹は、
いつしか家族のようになっていった。

しかし、ヤクザの魔の手はその暮らしにも侵食してくる。

家族となっていた子猫のトサカが犠牲に・・・。

5人は団結してヤクザへの復讐を計画し、やがて・・・。

「カラスの親指」

受賞/候補】
第140回直木賞 候補
第30回吉川英治文学新人賞 候補
第62回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞

2008年に単行本化(2011年文庫化)、
道尾秀介の「カラスの親指 by rule of CROW's thumb」。

シリーズ2作目のカエルの小指をより面白くするためには、
読んでおくのがベストだと思います。

映画

映画「カラスの親指」

映画「カラスの親指」予告編

【監督/脚本】
伊藤匡史

【原作】
道尾秀介「カラスの親指」

【キャスト(役名)】
阿部寛(武沢竹夫:タケ)、村上ショージ(テツ
石原さとみ(やひろ)、能年玲奈(まひろ
小柳友(貫太郎)、ベンガル(質屋の店主)
ユースケ・サンタマリア(競馬場の客)、戸次重幸(豚々亭のマスター)
鶴見辰吾(ヒグチ

受賞歴】
第55回ブルーリボン賞 主演男優賞 受賞(阿部寛)
「麒麟の翼」、「テルマエ・ロマエ」の演技と併せて評価
第37回報知映画賞 新人賞 受賞(能年玲奈)

【日本公開】
2012年11月23日

0円で視聴できるサイト】
31日間の無料キャンペーンを利用すれば、本作は見放題作品となっていますので、0円で視聴可能です

シリーズ1作目「カラスの親指」は映画化され2012年に日本で公開されています。

もしかすると、
シリーズ2作目カエルの小指も同じキャスト、続編として映画化されるかもしれません。
今の所、そのような情報はありませんけどね。

最後に

道尾秀介の「カラスの親指」、
その続編となるカエルの小指を紹介させていただきました。

続編登場でシリーズ化、という事でよろしいのでしょうか?

できたら後数作、タケを中心としたあの面子の物語を読みたいですね。

そして次回作、シリーズ3作目があるとするなら、再三で申し訳ないんですけど、
もう少し早めに続編を出していただけると・・・。
単行本から文庫になるのも時間がかかりますし・・・。

3作目のタイトルに変な予想をしつつ、気長に待ちたいと思っております。

ではまた。

 

(Visited 28 times, 1 visits today)

スポンサーリンク