2人の女性刑事が主人公、深町秋生の読みやすい「警察小説」

2020年2月11日

ハードボイルドアクション満載

映画を観ているような感覚で読み進める事の出来る作品が多い、

深町秋生の「小説」。

今回はそんな印象からちょっと離れている小説」を紹介します。

映画を観ているような感覚にはなりますけど、

そこまでハードボイルドでもないので、

エグさ控えめで読みやすい作品です。

主人公は女性2人、共に刑事です。

 

スポンサーリンク

2人の女性刑事が主役、読みやすい「警察小説」

 

PO 警視庁組対三課・片桐美波 深町秋生

ネタバレをせずに、紹介します。

まずは主人公の1人。

・片桐美波(かたぎりみなみ)
身辺警戒員プロテクション・オフィサーの頭文字を取ってPO
組織犯罪対策第三課に属しています。
POの仕事は、暴力団からの嫌がらせや恐喝、命の危険に晒されている可能性のある一般市民や、
企業幹部の身を守る事、その部隊の班長が美波です。

もう1人の主人公。

 

・難波塔子(なんばとうこ)
捜査一課に所属、父親も有名な刑事だった塔子美波とは古くからの知り合いであり、ライバルです。
捜査一課強行係の女班長として、1つのチームを束ねています。
男だらけの縦社会、古臭いしがらみだらけの警察組織の中で、
美波と同様に、女性として戦い続けている塔子
能力の高さは2人とも、そこらの男性刑事には負けません。

そんな2人の女性刑事が巻き込まれていく事件。

都内でトカレフを使った連続強盗殺傷事件が発生、
暴力団関係者3名死亡

その事件の被害者の1人、一命を取り留めた実業家を警護するようになるのが、

POである美波の班。

殺された3人は、一般人になっていたとはいえ元暴力団。
そして、
美波たちPOが警護を担当する実業家も元暴力団

暴力団だった過去を持つ人間ばかりを狙った強盗殺傷事件

その事件の被害者、一命を取り留めた実業家を警護する美波たちPOと、
捜査一課強行係の女班長として事件を追う塔子

美波の仕事は、警護対象者の命を守る事
塔子の仕事は、連続強盗殺傷事件の解決

役割の異なる2人の女性刑事
過去の因果によってライバル関係状態にある美波塔子が、
元暴力団の実業家、警護対象者の存在を通して事件の全貌に迫る警察小説
深町秋生の「PO 警視庁組対三課・片桐美波
おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

「PO 警視庁組対三課・片桐美波」を読んだ方達のレビューを、紹介します

 

 

「PO 警視庁組対三課・片桐美波」を読んだAさんのレビュー

SPなら分かりますが、
暴力団から狙われる危険がある民間人を警護するPO(身辺警戒員)という存在は初めて知りました。
POと捜査一課の同期でライバル関係の女性刑事2人が主役です。
ちょっと地味な感じでしたが、続編があるなら読みたいです。

 

 

「PO 警視庁組対三課・片桐美波」を読んだBさんのレビュー

女性刑事を主人公にした小説は多数ありますけど、
アクションにも比重を置いたのは、少ないように思います。
カッコいい女性刑事の派手なアクション描写がたまりません。とにかく痛快な話でした。

 

 

「PO 警視庁組対三課・片桐美波」を読んだCさんのレビュー

結構好きです。
確かにいつもの深町さんみたいなキレッキレではないんですけど、
その分落ち着いて読めます。美波の性格もあるのかも。
POのメンバーがどの人も個性があり、続きが読みたくなります。

 

 

「PO 警視庁組対三課・片桐美波」を読んだおじさん

深町秋生作品にしては珍しく、
サラッと楽しめる作品になっています。エグさも控え目
それでもハードボイルドなアクションありの「小説」です。

個人的には、女性刑事2人を楽しんで頂きたい物語です。
この2人がまた強いんですよ。
そこらの男性刑事よりも能力は高いし、腕っぷしも強くて、痛快です。
カッコいいんです。
そして、過去の因果によって、複雑なライバル関係状態にある2人の心情的な部分も見え隠れして、
連続強盗殺傷事件過去女性刑事2人過去
2つの過去も楽しめる「小説」になっています。

深町秋生作品に慣れ親しんできた方には、多少物足りないかもしれませんけど、
エグさ控え目ハードボイルド想像しやすいアクションあり、という事で、
PO 警視庁組対三課・片桐美波
おすすめさせて頂きます。
読みやすい深町秋生作品に触れてみてください。

 

 

深町秋生について

 

深町秋生(1975年11月19日〜)は、
山形県南陽市出身の小説家です。

2004年、
第3回このミステリーがすごい!大賞大賞受賞作
果てしなき渇き」で本格的に作家デビューです。

果てしなき渇き」は50万部を超えるベストセラーとなって、
2014年に「渇き」として映画化されています。主演は役所広司。

 

おすすめ作品は、

探偵は女手ひとつ」は、
エグさ控え目な読みやすい作品。

ショットガン・ロード」は、
まさにハードボイルド満載これぞ深町作品だと感じられる作品。

ダブル」は、
復讐のために顔と声を変える整形、こちらもハードボイルド

深町秋生作品を体験してみようと思うなら、
まずは「果てしなき渇き」を読んでみて、その後、
作風が受け入れられるなら、上記した作品を読んでみてください。
同じ作家の、違う顔を読み進めながら楽しめると思います。

 

最後に

 

深町秋生エグさ控え目
女性刑事2人警察小説アクションありな、
PO 警視庁組対三課・片桐美波
を紹介させて頂きました。

以前からの深町ファンからは、サラッと過ぎると評されますけど、
むしろそれは、
深町ファンじゃない人が読みやすい、こう評する事も出来ますので、
是非、
深町ファンじゃない方に読んでみて欲しい作品です。

ハードボイルドエグい、大丈夫です。

サラッとしたハードボイルドで読みやすい、こちらですので。

PO 警視庁組対三課・片桐美波
おすすめです。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク