「死亡フラグシリーズ」最新作は、リアル「デッド バイ デイライト」

2019年12月10日

七尾与史の「死亡フラグシリーズ」、

最新作で4作目になります。

第1作目の副題は、
凶器は・・・バナナの皮?!殺人事件

第2作目の副題は、
カレーde人類滅亡?!殺人事件

第3作目は、
死亡フラグが立つ前に」(短編集)

そして今回、最新作の副題は、
超絶リアルゲーム実況殺人事件

有名なゲームの世界が、
現実世界で行われてしまう、サバイバル・アクション小説」となっております。

 

スポンサーリンク

「死亡フラグシリーズ」最新作

 

死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件

 

死亡フラグとは

映画や漫画、ドラマなどで近い将来、
登場キャラクターの死亡を予感させる伏線の事。

「先に逃げろ!ここは俺が食い止める!」

「分かったぞ!犯人はあいつだ!」
と、主人公よりも先に犯人に気付くが、犯人の名前を言わない。

「まずは俺を倒してからだな」
と、自信満々に主人公よりも先にシャシャリ出る。

「やめろ、俺なら例の場所を知っている」
と、この期に及んで交渉を始めてしまう。

未来を語る・・・。

などなど

 

 

「デッド バイ デイライト」の世界

Dead by Daylightデッドバイデイライト)」は、
カナダのゲーム会社が開発した非対称型対戦サバイバルホラーゲームです。
略称は「DBD」。

1人のプレイヤーが殺人鬼キラー)を操作して、
残りのプレイヤーたちが生存者サバイバー)を操作する仕組みになっています。

生存者(サバイバー)は、
フィールド上の発電機のうち5つを修理して電源を回復させ、
2つあるゲートのうちの、どちらかを開いて脱出する事が目的となっているゲームです。

あくまでも、逃げる発電機を作動させる脱出
これが目的ですので、殺人鬼(キラー)と対峙する事はほぼありません。
とことん逃げて、生き残る事に特化したサバイバルホラー
生存者(サバイバー)は4人

その生存者の行動を阻止しようと動き続けているのが、

殺人鬼(キラー)、1人4人を追いかけ回します。

 

生存者(サバイバー)は殺人鬼(キラー)に見つからないように、
発電機を修理しつつ逃げまくって、このフィールドから脱出しようと試みます。

見つかってしまうと恐ろしい罰が・・・。

殺人鬼(キラー)の恐ろしい武器によって攻撃され、
瀕死状態、もしくはゲームオーバーとなってしまいます。
ゲームオーバー=
生存者(サバイバー)は生き残りをかけて、
殺人鬼(キラー)は脱出を阻止しようとフィールド上を動き回る。

ザックリとではありますけど、
これが「デッド バイ デイライト」というゲームの世界です。

そして、この超人気ゲーム「デッド バイ デイライト」を、
現実世界で描いてしまっているのが、

死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件」です。

 

スポンサーリンク

 

「死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件」をネタバレなしで紹介

・本宮明夫(もとみやあきお)
人類を滅亡の危機から救った事のある、資産100億超え、妙な拳法の使い手の本宮
明らかにおかしな身体能力、明らかにおかしな勘の鋭さを持った超人です。
今回、本宮は睡眠薬で眠らされて拉致、
気付いた時には知らない場所へ連れてこられていました。

周囲を高い塀で囲んである霧がかった森の中
手にはめられているスマートウォッチ60:00:00と表示)、
シューズまで新しくなっている。
そして、説明書

説明書・エリア内の設備を破壊しない事
・勝負中にスマートウォッチを外したり靴を脱がない事
・発電機の照明に工夫をしない事
・1時間以内に決着をつける事(タイムリミットが過ぎた場合、チェイサーの勝利とする)
・チェイサーと談合などの不正行為の禁止
・エリア内に落ちているアイテムは利用可能
・『重要』最初に脱出したプレイヤーのみを勝利者とする

文末に、
「敗北者またはルール違反が認められた場合、体内のタブレットボム(爆弾錠剤)が起動する」

本宮が送り込まれた世界は、
デスゲーム・オブ・ザ・デッドデッド バイ デイライト)」のリアル版
殺人鬼(チェイサー)1人、生存者(プレイヤー)4人で繰り広げられる鬼ごっこ、
生死を賭けたリアル鬼ごっこの世界です。

生存者(プレイヤー)達と合流していきつつ、発電機の修理をしながら、
殺人鬼(チェイサー)の追跡をかわしていく本宮

リアル鬼ごっこの世界で殺人鬼(チェイサー)となっているのは、

ジェノサイド・ジョー
アメリカの元プロレスラーで、35人を殺害したシリアルキラー
死刑判決を受けている彼が、
この世界で武器を手にして生存者(プレイヤー)を追いかけ回します。

殺人鬼(チェイサー)の襲撃を切り抜けつつ、
本宮たち生存者(プレイヤー)は生き残る為に逃げ続けます。
スマートウォッチの表示はタイムリミット
60:00:00」・・・1時間・・・。

一体誰がこんな手の込んだ事を・・・。
なぜ本宮たち4人がリアル鬼ごっこをする羽目に・・・。
現実の世界に作りあげられた、サバイバルホラーゲームの世界

七尾与史の「死亡フラグシリーズ」最新作、4作目となる、
死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件
デッド バイ デイライト」の「小説」バージョン、
読み進めるのが楽しくてしょうがない作品です。

 

「死亡フラグシリーズ」最新作を読んだ感想

まずは、
七尾与史の「死亡フラグシリーズ」を読んでおく必要があります。

 

この「死亡フラグシリーズ」を読んでおくと、
ある1人の男に対する理解が深まっています。
その男を理解した上で楽しんで欲しい「小説」が今作、
死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件」です。

本宮明夫という超人を理解しておかないと、
面白さが半減してしまいます。もったいないですからね。

人類の滅亡を防いで、世界を救った事すら経験している本宮
彼の超人的なパワーと、常人では測りきれない頭脳明晰さ、
これを理解した上で読み進めて欲しい作品です。

そして、
超人気ゲーム「デッド バイ デイライト」ファンにも読んで欲しいと思っています。
まるっきり世界観は一緒ですから。
現実世界で行われるリアルデッド バイ デイライト」です。

活字で楽しむ「デッド バイ デイライト」、
リアル・サバイバルホラー・アクション小説」、
七尾与史の「死亡フラグシリーズ」最新作、4作目となる、
死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件」、
超おすすめです。

 

 

「死亡フラグが立ちました!」がドラマ化

 

2019年10月25日から、
カンテレ(関西ローカル)の「カンテレドラマらぼ」枠で、
このミス大賞ドラマシリーズの第3弾として放送予定のテレビドラマ。
(毎週金曜(木曜深夜)0時25分〜0時55分)
オンエア終了後はU-NEXTで独占配信。

死亡フラグが立ちました!

原作 七尾与史
脚本 金沢達也
監督 吉原通克
出演(役名) 小関裕太(陣内トオル)
塚地武雄(本宮明夫)
寺脇康文(松重竜司)
笠原秀幸(橋元)
明星真由美(岩波美里)
林田岬優(黒谷麻美)
高橋翔太(サカモトアツシ)
主題歌 ナナヲアカリ「イエスマンイズデッド」

このドラマで描かれるのは、
七尾与史の「死亡フラグシリーズ」第1作目、
このミス大賞隠し玉に選ばれた「死亡フラグが立ちました!」を基に作られているようです。

ターゲットを24時間以内に必ず殺すという完璧な殺し屋”死神”、
その存在を追う陣内(小関裕太)と、陣内の先輩、天才投資家で超人の本宮(塚地武雄)、
彼ら2人と”死神”を描いたドタバタコメディミステリー
というドラマです。

塚地の本宮
想像しやすいですね。ズングリ体型もピッタリな感じを受けます。

ドラマ「死亡フラグが立ちました!」は、
2019年10月25日からカンテレで放送予定です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

七尾与史の「死亡フラグシリーズ」最新作、シリーズ4作目の、
死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件」を紹介させて頂きました。

超人気ゲーム「デッド バイ デイライト」の世界、
サバイバルホラー・アクションを現実に行ってしまう「小説」です。

確実に読みやすく、
確実に楽しめる作品になっています。

本宮という男を知っておく、これが大前提になってしまいますけど、

是非1度、読んでみて欲しい作品です。

ちなみに、
私は「デッド バイ デイライト」というゲームをプレイした事はありません。
内容を知っている程度の知識しか持ち合わせておりません。

それでも相当楽しめましたのでね。

七尾与史の、
死亡フラグが立ちました!超絶リアルゲーム実況殺人事件
おすすめです。

ではまた。

 

 

スポンサーリンク