あれから25年後!ドラマ『フル・モンティ』あらすじ/キャスト/感想【Disney+で配信中】

今から約25年前に日本で公開された映画「フル・モンティ」。

「トレインスポッティング」シリーズなどで有名な、
ロバート・カーライル主演のハートフルコメディです。

6人のどうしようもない連中が、
男性ストリッパーとして一発逆転を狙う気持ちの良い映画でした。

その続編がドラマとして配信中。

ドラマ『フル・モンティ

✅ 映画「フル・モンティ」の25年後を描いたドラマ

✅ 映画版の主要キャスト、全員がドラマにそのままの役で出演

✅ まさしくおじさんホイホイな全8話【Disney+で配信中】

25年前の映画を視聴していないと、あまり楽しめないだろうという、
ちょっと不親切な感じではありますけども、
私はおじさんなのでハマれました。

映画「フル・モンティ」を視聴しているなら、オススメです。

スポンサーリンク

25年前の映画「フル・モンティ」

映画「フル・モンティ」

THE FULL MONTY(1997) | Full Movie Trailer in HD

【監督】
ピーター・カッタネオ

【脚本】
サイモン・ビューフォイ

【キャスト(役名)】
ロバート・カーライル(ガズ

マーク・アディ(デイヴ

トム・ウィルキンソン(ジェラルド

スティーヴ・ヒューイソン(ロンパー

ポール・バーバー(ホース

ヒューゴ・スピアー(ガイ

レスリー・シャープ(ジーン

エミリー・ウーフ(マンディ

ウィリアム・スネイプ(ネイサン

【日本公開】
1997年12月13日

 

あらすじ

映画「フル・モンティ」あらすじ

不況真っ只中のシェフィールド。

失業者が溢れかえっている街で、
鉄工所を解雇され職安通いを続けていたガズは、
離婚した元妻から息子ネイサンの単独親権を突きつけられて、
どうしても共同親権を確保するために、
養育費の700ポンドが必要になっていた。

そこでガズが目をつけたのは、

男性ストリップショー

シェフィールドの女達が大熱狂しているこのショーへ、
自分たちも出演し、
大金を稼ぎ、一発逆転を狙ってやろうと、メンバーを探し始める。

しかし、

メンバーのオーディションに集まってきたのは、
どうしようもない連中ばかり・・・。

こんなメンバーに女達が集まってくれるのか、
普通なら怖気付いてしまいそうだが、ガズ達には秘策があった。

踊ってサービスするだけのショーではない!

隠すことなく全てを、そう、

全部見せる!!!

どうしようもない連中の最高の舞台が幕を上げる。

「フル・モンティ」

映画「トレインスポッティング」でロバート・カーライル(ベグビー役)を好きになり、
彼が主演している映画を初めて観たのがこの「フル・モンティ」でした。

個人的に大好きな映画です。

ラストの「フル!!モンティーー!!!」なんてシーンは最高に気持ち良かった。

Disney+なら映画「フル・モンティ」が見放題配信されておりますので、
気になる方は視聴してみてください。
(90分ぐらいの再生時間です、すぐ観終わりますよ。)

そしてその後、
どうしようもない連中の25年後を描いたドラマ『フル・モンティを視聴すれば、
さらに楽しめるのではないかと。

スポンサーリンク

25年後のドラマ『フル・モンティ』

ドラマ『フル・モンティ

フル・モンティ | 予告編 | ロバート・カーライル主演 | Disney+

  • エピソード1「地域の活性化」〜52分〜
  • エピソード2「供給連鎖」〜52分〜
  • エピソード3「バラ色の人生」〜51分〜
  • エピソード4「帰巣本能」〜51分〜
  • エピソード5「家なき者たち」〜55分〜
  • エピソード6「夢の仕事へようこそ」〜39分〜
  • エピソード7「誰も見捨てない」〜45分〜
  • エピソード8「目覚めよ、そして立ち上がれ」〜49分

 

あらすじ

ドラマ『フル・モンティ』あらすじ

6人のサエない男達が、
女達を熱狂させた“フル・モンティ”から25年の月日が流れた。

彼らはそれぞれ、
それなりに生活している。

ガズは、
孫を持つおじいちゃんになっていたが、
息子ネイサンの異母兄妹である娘デスティニーとの仲に悩みつつ、
親友のデイブとは相変わらず。

そんなデイブは、
ジーンが校長をしているスパイアーズ校で用務員として働き、
真っ当な生活を送りつつも、
ジーンとの仲に不穏な影が・・・。

それぞれがそれぞれの25年を経て、今を生きている。

ジェラルドは隠居状態で、
デニスロンパーが経営している喫茶店に通い、
ホースは生活保障を受けながら何とか生きながられ、
ガイは成功して新しい家庭を築いている。

ガズデイヴジェラルドロンパー
ホースガイ
あの“フル・モンティ”と同じように輝けはしないが、
仲間や家族のためなら今でも、少しだけ・・・。

歳をとりそれなりに生活している彼らは、

輝いてはいないけど、

彼らなりに、

今を生きている

フル・モンティ

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wim Snape(@wimsnape)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】

〈映画版から継続〉
ロバート・カーライル
ガズ/相変わらず昔と大して変わっていないが、基本、優しい男)

マーク・アディ
デイヴ/ジーンの夫、スパイアーズ校の用務員)

トム・ウィルキンソン
ジェラルド/とりあえず溜まり場に顔を出している老人)

スティーヴ・ヒューイソン
ロンパー/溜まり場的な喫茶店を経営している)

ポール・バーバー
ホース/足が悪く、電動車椅子生活を送っている老人)

ヒューゴ・スピアー
ガイ/エクセロ商事のCEO、ロンパーとは別れている)

レスリー・シャープ
ジーン/デイヴの妻、スパイアーズ校の校長)

ウィリアム・スネイプ
ネイサン/ガズの息子、警察官として働いている)

 

〈ドラマ版の新キャスト〉
タリサ・ウィング
デスティニー/ガズの娘、ネイサンの異母兄妹)

Dominic Sharkey
カル/デスティニーの同級生)

ナタリー・デイビーズ
タバーニ/デスティニーの同級生)

マイルス・ジャップ
ダレン/職を失っていたが、ガイの会社で働くようになる)

ポール・クレイトン
デニス/ロンパーと一緒に喫茶店を経営している)

フィリップ・ライズ
ディリップ/スパイアーズ校の先生、ジーンの浮気相手)

エイダン・クック
ディーン/スパイアーズ校8年生の少年)

ソフィー・スタントン
へティ/スパイアーズ校の元音楽教師)

アーノルド・オーチェン
アント/絵の才能を持っているが、精神を病んでいる)

Halima llter
シルヴァン/ダレンと出会う女性)

Joshua Jo
サン・チョル/韓国のソフトウェア億万長者)

Lewis Whele
ベン/ネイサンの息子、ガズの孫)

スポンサーリンク

おじさんの感想(ネタバレ注意)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wim Snape(@wimsnape)がシェアした投稿

〈上のInstagramは、ネイサン役のウィリアム・スネイプのものです。25年前と今の比較が数枚投稿されていますので、見てみてください。懐かしい気持ちになれますよ〉
おじさんの声
おじさんの声
ドラマ『フル・モンティ』の感想

 

(思い出補正ありきですけど、面白かったです)

8.5

 

まさかあの映画の続編がドラマになるとは・・・、
という想いでテンションが上がってしまい、一気に視聴してしまったドラマ、
フル・モンティ

 

好きな映画の続編的なドラマですから、
思い出補正があるのは事実、まともな評価をしているとは言い難いんですけど、個人的には、

 

非常に楽しめたドラマでした。

 

あれから25年、
仲間や家族間を描きつつ、失業中のどうしようもない男6人の男性ストリッパー物語だった映画から、
当たり前ですが、
男性ストリッパー部分を削除して、
それぞれがそれぞれに歳をとり、
今もなんとか生きている様を楽しむドラマとなったフル・モンティ

 

息子の親権のために裸になったガズ、
今度は孫と娘デスティニーのために、相変わらずの発想力ですけど動き回り、
デイヴは今もなおガズに悩まされ、妻ジーンとの仲も微妙になっていく。

 

ジェラルドは隠居生活を送り(登場シーンが少ないです)、
ホースは足を悪くし仕事に就けず、生活保護を受けながら苦しい老後を生きていて、
ロンパーはデニスに認められようと妙な金儲けに走り、
1番ストリッパーらしい容姿を持ち巨◯を売りにしていたガイが、
6人の中で1番出世しているという25年後。
(ガイも登場シーンは少ないです)

 

ちょっとした悲しさを感じつつも、
25年前と大して変わっていない相変わらずな部分を残している彼らを堪能できた全8話、
私は本当に楽しめました。
(まぁ、ジェラルドとガイはほぼ活躍しませんので、4人にプラスして、デスティニーとジーンが主要キャストって感じです)

 

ただ、
映画版を視聴していないと面白さが半減か、それ以下となる可能性がありますので、
是非、
映画版を視聴してからドラマを再生してください。

 

ラストエピソードにある悲しい場面でも、
冷凍庫の中に保管されている◯◯を見た時、吹き出すぐらい笑えるようになるには、
映画版での最高の輝きを観ていたからこそ、ではないかと、
勝手に思い込んでいます。

 

感情移入しまくっているからあのブラックジョークも笑えたと。

 

その感情移入をするために、映画版の視聴は必須です。

 

そして、
感情移入していたから楽しめたドラマ『フル・モンティ

 

映画版のようなスカッと爽快なラストではないけど、
しっかりと笑えたし、温かい気持ちにもなれたし、
懐かしい気持ちになりつつも、25年という月日の悲しさと現実の厳しさ、
彼らの人間模様もしっかりと堪能できました。

 

このドラマが大ヒットドラマになるとは思えませんが、
映画版を視聴している人なら楽しめるはず、そう個人的には思っています。

 

映画「フル・モンティ」をDisney+で視聴した後、
ドラマ『フル・モンティを再生してみてください。
主要キャストは全員続投しております。

スポンサーリンク

最後に

映画「フル・モンティ」の25年後を描いた続編、
ドラマ『フル・モンティを紹介させていただきました。

25年・・・、
主要キャストの面々はしっかりと歳をとっていて、
時間の経過を感じていたんですけど、
ジェラルド役のトム・ウィルキンソンと、
ホース役のポール・バーバーは大して変わっていない感じでしたね。

あの頃のまま、とは言いませんが、良い歳のとり方をしているなと。

逆にちょっとショックだったのは、ネイサン役のウィリアム・スネイプ。

子供から大人になったんだから変わるのは当たり前、
ですけど、
あの可愛かったネイサンを知っていると・・・。

私が自分の歳をガツンと思い知られたのが、ネイサンでした。

もう25年も・・・、
悲しくてちょっと怖くなってきたのでこれぐらいで。

ではまた。

 

(Visited 219 times, 1 visits today)

スポンサーリンク