イーサン・ホーク主演『テスラ エジソンが恐れた天才』、3月26日から公開予定

名前ぐらいは誰でも聞いたことのあるトーマス・エジソン。

エジソン=発明王

この程度なら私でもパッと思いつきますけど、

この名前はどうです、ニコラ・テスラ・・・。

エジソンと同時代に存在した「天才肌の発明家」です。
私はこの映画の存在で、その名前を知りました。

『テスラ エジソンが恐れた天才』

ニコラ・テスラ役:イーサン・ホーク

トーマス・エジソン役:カイル・マクラクラン

「天才肌の発明家」ニコラの実像を描き出した伝記映画

日本での公開は2021年3月26日を予定

エジソン陣営とテスラ陣営で争った「電流戦争」と呼ばれた確執を掘り下げつつ、
ニコラ・テスラの実像に迫った伝記映画
テスラ エジソンが恐れた天才
エジソンに勝ったテスラとは一体・・・。

スポンサーリンク

 

イーサン・ホーク主演『テスラ エジソンが恐れた天才』

 

テスラ エジソンが恐れた天才

イーサン・ホーク主演!映画『テスラ エジソンが恐れた天才』予告編

監督、脚本
マイケル・アルメレイダ

出演(役名)
イーサン・ホーク(ニコラ・テスラ)

カイル・マクラクラン(トーマス・エジソン)

イヴ・ヒューソン(アン・モルガン/語り手)

ジム・ガフィガン(ジョージ・ウェスティングハウス)

エボン・モス=バクラック(シゲティ)

ハンナ・グロス(ミーナ・エジソン)

ジョシュ・ハミルトン(ロバート・アンダーウッド・ジョンソン)

ピーター・グリーン(ニコルズ)

・日本公開 2021年3月26日

 

あらすじ

テスラ エジソンが恐れた天才』あらすじ

1884年、
雇い主のトーマス・エジソンと対立して職を辞すことになったニコラ・テスラ

直流方式での送電システムを構築しようとしたエジソンに対し、
交流方式を採用すべきだと主張したテスラ。

この対立が原因となり、2人は決別。

電流戦争」とまで呼ばれたテスラとエジソンの争いは、
最終的にテスラが華麗なる勝利を収めることに。

時代の寵児となったテスラ、
大富豪の娘アンと交流し、莫大な資金を得て「無線」の実現に挑戦する。

しかし、

テスラの研究一筋の繊細な心が、
実業界や社交界との不協和音を立て始め、やがて、
苦悩と葛藤の日々がやってくる・・・。

テスラ エジソンが恐れた天才

ニコラ・テスラ

・1856年7月10日〜1943年1月7日(86歳没)
オーストリア帝国(現クロアチア)に生まれた、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家です。

・グラーツ工科大学を卒業後、
1881年にブダペストの電信会社に技師として入社。

・1884年にアメリカに渡り、エジソンの元で働くが1年後に決別して独立。

・「電流戦争」でエジソン側に勝利し、テスラの交流方式は現在、
全世界で採用されています。
(交流電気方式、無線操縦、蛍光灯など)

・8つの言語を理解し、詩作、音楽、哲学にも精通していたテスラは、
LIFE誌が選ぶ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれています。

・「天才肌の発明家」として後世でも語り継がれていますが、
テスラは生涯を通じて、様々な精神障害に悩まされ、幻覚と強迫観念に囚われていたようです。また、異常な潔癖症だったという逸話も残っています。

・磁束密度の単位「テスラ」は、彼の名をそのまま使用しています。

参照元:wikipedia-ニコラ・テスラ

このニコラ・テスラを主人公とした伝記映画が、
2021年3月26日から公開予定のテスラ エジソンが恐れた天才

監督はマイケル・アルメレイダ
主演のテスラ役がイーサン・ホーク
エジソン役にカイル・マクラクラン

スポンサーリンク

 

監督:マイケル・アルメレイダについて

マイケル・アルメレイダ(1959年4月7日〜)は、
アメリカの映画監督、脚本家です。

主な映画監督作は、

公開年タイトル(主演)
1989年「ツイスター/大富豪といかれた家族たち」
(ハリー・ディーン・スタントン)
1994年「ナディア」
(エリナ・レーヴェンソン)
1995年「サーチ&デストロイ」
(グリフィン・ダン)
2000年「ハムレット」
(イーサン・ホーク)
2014年「アナーキー」
(イーサン・ホーク)
2015年「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」
(ピーター・サースガード)
2020年『テスラ エジソンが恐れた天才』
(イーサン・ホーク)

マイケル・アルメレイダは「ナディア」で、
第28回シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀監督賞を受賞しています。
(ちなみに、カタロニア国際映画祭のグランプリに、日本映画で選ばれている作品は2つ。中田秀夫監督の「リング」、北野武監督の「座頭市」がそれぞれ、1999年と2003年にグランプリを受賞しています)

そこまで有名な映画監督とは言えないマイケル・アルメレイダ

今作テスラ エジソンが恐れた天才の主演イーサン・ホークとは、
過去にもタッグを組んでいますから、
気心の知れた監督と俳優の作品と言えそうですね。

 

テスラ役:イーサン・ホークについて

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ethan Hawke(@ethanhawke)がシェアした投稿

 

イーサン・グリーン・ホーク(1970年11月6日〜)は、
アメリカの俳優、作家、小説家、映画監督です。

主な映画出演作は、

公開年タイトル(役名)
1989年いまを生きる
(トッド・アンダーソン)
1991年「ホワイト・ファング」
(ジャック・コンロイ)
1993年「生きてこそ」
(ナンド・パラド)
1994年「リアリティ・バイツ」
(トロイ・ダイアー)
1995年「サーチ&デストロイ」
(ロジャー)
1997年「ガタカ」
(ヴィンセント・フリーマン)
1998年「大いなる遺産」
(フィネガン・ベル)
2000年「ハムレット」
(ハムレット)
2001年「トレーニング デイ」
(ジェイク・ホイト)
2004年「ビフォア・サンセット」
(ジェシー)
2008年「クロッシング・デイ」
(ポール)
2009年「デイブレイカー」
(エドワード・ダルトン)
2013年「ビフォア・ミッドナイト」
(ジェシー)
2014年「6才のボクが、大人になるまで。」
(メイソン・エヴァンス・シニア)
「アナーキー」
(ヤーキモー)
2015年「リグレッション」
(ブルース・ケナー刑事)
2017年「魂のゆくえ」
(エルンスト・トラー牧師)
2018年「ストックホルム・ケース」
(ラース)
2020年『テスラ エジソンが恐れた天才』
(ニコラ・テスラ)

 

アカデミー賞

「トレーニング デイ」(2001年)
第74回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート

「ビフォア・サンセット」(2004年)
第77回アカデミー賞 脚色賞 ノミネート

「ビフォア・ミッドナイト」(2013年)
第86回アカデミー賞 脚色賞 ノミネート

 「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)
第87回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート

個人でのアカデミー賞受賞はありませんが、
脚本家としてアカデミー脚色賞に2回ほどノミネートの経験があるイーサン・ホーク
映画監督、脚本家、そして俳優と、映画界で多方面の活躍をしている俳優です。

個人的には、そこまで好きな俳優さんではないんですけど、
最も印象深く記憶に残っているのは、
いまを生きる」のトッド・アンダーソン役です(私はおじさんなもので)。

あどけない少年の印象から、いまや、
色気漂うベテラン俳優に変身した感じを受けるイーサン・ホーク
テスラ エジソンが恐れた天才の主演ニコラ・テスラを演じています。

スポンサーリンク

 

エジソン役:カイル・マクラクランについて

カイル・マクラクラン(1959年2月22日〜)は、
アメリカの俳優です。

ドラマ「ツイン・ピークス」で有名な俳優ですね。

主な映画出演作は、

公開年タイトル(役名)
1984年「デューン/砂の惑星」
(ポール・アトレイディス)
1986年「ブルーベルベット」
(ジェフリー)
1987年ヒドゥン
(ロイド・ギャラガー)
1992年「ツイン・ピークス/ローラ・パーマーの最期の7日間」
(デイル・クーパー)
1993年「トライアル/審判」
(ヨーゼフ・K)
1994年「フリントストーン/モダン石器時代」
(クリフ・ヴァンダーケイブ)
2000年「ハムレット」
(クラウディウス)
2004年「ボーイ・ミーツ・ラブ」
(ケイリー・グラント)
2020年『テスラ エジソンが恐れた天才』
(トーマス・エジソン)
カポネ
(カーロック)

1984年「デューン/砂の惑星」(監督デヴィッド・リンチ)、
1986年「ブルーベルベット」(監督デヴィッド・リンチ)、
1987年「ヒドゥン(監督ジャック・ショルダー)、
1990〜1991年のドラマ「ツイン・ピークス」(監督デヴィッド・リンチ)。

この辺りの印象が強烈過ぎて、
その後の印象が妙に薄く感じてしまうカイル・マクラクラン
(これは、おじさんあるあるなんでしょうか?)

久しぶりにカイル・マクラクランを観るなら、
本作テスラ エジソンが恐れた天才がちょうど良さそうですね。
物語の中心的な人物の1人、トーマス・エジソン役ですから。
一般的なネームバリューで言えば、テスラよりもエジソンの方が上ですし。

テスラ エジソンが恐れた天才2021年3月26日に公開予定となっています。

スポンサーリンク

 

最後に

 

イーサン・ホーク主演、
テスラ エジソンが恐れた天才を紹介させていただきました。

エジソンは知っていましたけど、
ニコラ・テスラは知りませんでしたので、
その人物像は興味深いなと。

世の中には、名前すら知らない「天才」が存在しているんでしょうね。

後世に名が残るような方がたくさん・・・。

知らない事だらけです。

2021年3月26日に公開予定となっている、
テスラ エジソンが恐れた天才を個人的に視聴するなら、
エジソン役のカイル・マクラクランにも注目したいと思っています。

ではまた。

 

(Visited 10 times, 1 visits today)

スポンサーリンク