クローネンバーグ監督最新作『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』キャスト/あらすじ【8月18日公開】

この映画が、
第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映された際、
賛否両論を巻き起こし(賛否が分かれるのは普通)、
退出者も続出したそうです。
(ツマラナイから帰ったのか、それとも、観ていられないほどオゾマシカッタからなのか)

デヴィッド・クローネンバーグ監督最新作、
クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

✅ 一般ウケしないでお馴染み、
鬼才クローネンバーグ監督の最新作

✅ 近未来の物語らしいのですが、
あらすじを読んでみても、予告動画を視聴してみても、何だかよく分かりません

✅ 日本公開は、
2023年8月18日から予定されています

おじさんの私が個人的に、
“鬼才映画監督”と聞いて頭に思い浮かぶのは主に3人、

スタンリー・キューブリック、
デヴィッド・リンチ、そして、
デヴィッド・クローネンバーグです。
(最近はアリ・アスターも)

仮に映画を20本視聴するとして、
1本ぐらい変なのが混じっていても、受け入れられませんかね?

そんな1本が8月18日から公開予定となっています。

スポンサーリンク

『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

デヴィッド・クローネンバーグ最新作!映画『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』予告編

【監督/脚本】
デヴィッド・クローネンバーグ

【製作】
ロバート・ラントス、パノス・パパハジス
スティーヴ・ソロモス

【製作総指揮】
ジョー・ヤーコノ、ピーター・タッチ
クリステル・コナン、トーステン・シューマッハー
トム・クイン、クリスチャン・パークス

【音楽】
ハワード・ショア

【撮影】
ダグラス・コッチ

【編集】
クリストファー・ドナルドソン

【日本公開】
2023年8月18日

スポンサーリンク

監督:デヴィッド・クローネンバーグ

デヴィッド・ポール・クローネンバーグ(1943年3月15日〜)は、
カナダの映画監督、脚本家、俳優です。

今現在(2023年7月18日)、
U-NEXTなら11本の監督作が視聴可能となっています。

「ファイヤーボール」(1978年) 399pt必要
主演:ウィリアム・スミス
ジャンル:カーレース映画

「ザ・ブルード/怒りのメタファー」(1979年)
主演:オリヴァー・リード
ジャンル:サイコロジカルホラー

「スキャナーズ」(1981年)
主演:スティーヴン・ラック
ジャンル:SFスリラー

「ビデオドローム」(1982年)
主演:ジェームズ・ウッズ
ジャンル:ホラー

「戦慄の絆」(1988年)
主演:ジェレミー・アイアンズ
ジャンル:サイコスリラー

(参照元:U-NEXT

「裸のランチ」(1991年)
主演:ピーター・ウェラー
ジャンル:グロテスクな妄想世界⋯、分かりません

「エム・バタフライ」(1993年)
主演:ジェレミー・アイアンズ
ジャンル:史実を基にしたラブストーリー

「クラッシュ」(1996年)
主演:ジェームズ・スペイダー
ジャンル:コッポラはこの作品を大嫌い、スコセッシは大好きなエロティックドラマ

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)
主演:ヴィゴ・モーテンセン
ジャンル:バイオレンスとサスペンス

「イースタン・プロミス」(2007年)
主演:ヴィゴ・モーテンセン
ジャンル:人身売買をテーマにした衝撃作

「コズモポリス」(2012年)
主演:ロバート・パティンソン
ジャンル:サスペンススリラー

残念ながら、
有名な1986年の映画「ザ・フライ」や、
2014年の映画「マップ・トゥ・ザ・スターズ」はU-NEXTで視聴できません。

そんな中でも、
クローネンバーグ監督を感じられるであろう2本は必見ではないかと。
何とも言葉が出てこない妙な映画「裸のランチ」と、
賛否がハッキリと別れる衝撃作「クラッシュ」。

個人的には、
クライムズ・オズ・ザ・フューチャーを視聴する前に観ておくべき2本だと思います。

スポンサーリンク

キャスト

【キャスト(役名)】
ヴィゴ・モーテンセン(ソール・テンサー

レア・セドゥ(カプリース

クリステン・スチュワート(ティムリン

スコット・スピードマン(ラング

ドン・マッケラー(ウィペット

ヴェルケット・ブンゲ(コープ

タナヤ・ビーティー(Berst

ナディア・リッツ(Router

Denise Capezza(オディール

Yorgos Karamihos(Brent Boss

ジョルゴス・ピルパソプロス(Dr.Nasatir

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの“アラゴルン”役で有名な、
ヴィゴ・モーテンセンが主演です。

クローネンバーグ監督作に出演するのは今作で4作目。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)、
「イースタン・プロミス」(2007年)、
「危険なメソッド」(2011年)
クライムズ・オブ・ザ・フューチャー(2023年)。

2000年以降のクローネンバーグ監督作の常連と言えるヴィゴ・モーテンセン、
“アラゴルン”役の印象から演技派俳優へと変貌を遂げています。
アカデミー賞の主演男優賞に3回ノミネート、今作でも楽しみですね。
(ちなみに、ノミネートされたのは、「イースタン・プロミス」、「はじまりへの旅」、「グリーンブック」です)

スポンサーリンク

あらすじ

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』あらすじ

〈カラダから生み出されるのは、希望か?罪か?〉

そう遠くない未来。

人工的な環境に適応するよう進化し続けた人間は、
生物学的構造の変容を遂げ、痛みの感覚も消えた。

加速悪化症候群”のアーティスト・ソールが体内に生み出す新たな臓器に、
パートナーのカプリースがタトゥーを施し摘出するショーは、
チケットが完売するほど人気を呼んでいた。

しかし政府は、
人類の誤った進化と暴走を監視するため、
臓器登録所”を設立。

特にソールには強い関心を持っていた。

そんな彼のもとに、

生前プラスチックを食べていたという遺体が持ち込まれる・・・。

クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

映画館にあるチラシ=フライヤーに記載されているあらすじを、
そのまま載せております。

このあらすじは、
クライムズ・オブ・ザ・フューチャーのオフィシャルサイトにもそのまま載っているものです。

私の頭では何が書かれているのかさっぱり・・・、
20本、いや、30本に1本ぐらいはこんな感じで訳の分からない映画を視聴するのも、
悪くないのではないかと。

映画館で視聴しようとしている方、
退席しない事を心から祈っております。

スポンサーリンク

最後に

2023年8月18日から日本で公開予定、
デヴィッド・クローネンバーグ監督最新作、
クライムズ・オブ・ザ・フューチャーを紹介させていただきました。

「面白そうだな〜」という感覚には全くなっておりませんけど、
「何となく気になるな〜」という1本には間違いありません。

カッコつけて異様な映画ばかりを視聴する気もないので、
2、30本のうちの1本ならまぁ、
変なのを映画館で視聴してみるのも、良い体験になるのではないか、
そう個人的には思っています。

あくまでも個人的に・・・、責任は負いかねます。ご了承を。

ではまた。

 

(Visited 66 times, 1 visits today)

スポンサーリンク