背筋が凍る「サスペンス映画」、不快な笑顔が残る「バッドエンド」

2019年12月6日

不快な気持ちにさせたい・・・」

そんな想いは微塵もありません

ただただ好きな「映画」を紹介しているだけなんです。

時々ですね、

背筋が凍るほどの恐怖と、

後味の悪いラストで不快な気持ちになってしまう、

そういう「映画」が混じってしまうんです。意図的ではないんですよ。

個人的に好きな「サスペンス映画」だというだけですので、ご了承を。

すいませんが、

1度は観るべきサスペンス映画」だと、
オススメはさせて頂きます。面白いですから・・背筋が凍るほど・・。

では。

 

スポンサーリンク

背筋が凍る「サスペンス映画」、バッドエンドです

 

隣人は静かに笑う

Arlington Road Official Trailer #1

監督 マーク・ペリントン
出演 ジェフ・ブリッジス
ティム・ロビンス
ジョーン・キューザック
ホープ・デイヴィス
ロバート・ゴセット
メイソン・ギャンブル
スペンサー・トリート・クラーク
アメリカ公開 1999年6月9日
日本公開 1999年4月17日

 

ネタバレをせずに、紹介します。

この「映画」の冒頭は完全な入り口です。
背筋を凍らせる恐怖への入り口なんです。

 

・マイケル・ファラデイ(ジェフ・ブリッジス)
大学でテロリズムの歴史を教えている講師のマイケル、
捜査中に亡くなった元FBIの妻、母親を失った息子と2人暮らしです。
そんな彼がある日、車で帰宅途中、
道路の真ん中をヨタヨタ歩く少年を見つけます。

車を降り、少年に歩み寄ったマイケルの目に飛び込んできたのは、

大怪我をして血でどす黒く染まった左手を、かばいながら歩いている少年の姿でした。

少年を抱きかかえ車に乗せて、救急病院へ。

これがこの「映画」の冒頭であり、
マイケルの恐怖が始まる入り口でした。

ここから少年の家族とマイケルたちが交流を深めていきます。

 

・オリヴァー・ラング(ティム・ロビンス)
マイケルに助けられた息子ブレディ(メイソン・ギャンブル)の父親です。
オリヴァーの仕事は建築技師、
奥さんのシェリル(ジョーン・キューザック)と、息子ブレディ、娘2人がいる家族です。
マイケルとは隣人同士ご近所さんなんですね。

マイケルの息子グラント(スペンサー・トリート・クラーク)と、
今現在の彼女ブルック(ホープ・デイヴィス)、
そしてオリヴァー家の面々とは家族ぐるみの付き合いが始まります。

 

ある日、ふとした事から疑問が湧き上がってきます。
本当に些細な事から。

 

オリヴァーは建築技師で、
今、モールの建築を担当しているという話だったのですが、
テーブルの上に広げられていた図面をマイケルはサラッと見て、
疑問を抱いてしまいます。

モールの図面ではなく、違うビルの図面だと分かってしまったんです。

オリヴァーがなぜそんなをついたのか、
マイケルは徐々にオリヴァーを疑い始めて・・やがて・・。

知らない方が幸せだった隣人の過去を暴き始めてしまいます・・・。

背筋が凍るサスペンス映画」、後味の悪いラストを迎えてしまう、
隣人は静かに笑う
不快な気持ちになりますけど、オススメです。

 

スポンサーリンク

 

「サスペンス映画」のバッドエンドを堪能した方達のレビューを、紹介します

 

「隣人は静かに笑う」を観たAさんのレビュー

巧妙すぎます。
どうせ最後はとたかを括っていましたけど、こんなエンディングとは・・。
ヤラレター!
という思い以上に後味が悪いですね。でも、巧妙すぎます。

 

「隣人は静かに笑う」を観たBさんのレビュー

セブンと並ぶほど史上最高に後味悪い救われない系で、唖然と衝撃の紙一重です。
米国で公開延期になったというのが逆にリアルというか、
お隣さんがこうってのがあり得る社会なんでしょうか。
ジェフ・ブリッジスはクセ強めですね。

 

「隣人は静かに笑う」を観たCさんのレビュー

血だらけの男の子がよろよろ歩いているオープニングが、めちゃくちゃ不穏で怖いです。
最後も本当に後味が悪くて、徹底してる・・という感じですね。
大義名分があると信じられる人って、良くも悪くも本当に強いです。
話の通じない隣人ほど、怖いものはない・・・。

 

「隣人は静かに笑う」を観たおじさん

ラストまで観てしまうと、
後味の悪さ背筋を凍りつかせる恐怖で、
心をズタズタにされかねない「サスペンス映画」、
隣人は静かに笑う
よく出来た作品だと思います。

ティム・ロビンスの怖さはもちろんですけど、
彼の家族もまた怖いんです。気持ちが悪いというかなんと言うか・・。
子供達は笑顔が無さすぎて怖いし、
奥さんは笑顔が怖いしで、
そこらの「ホラー映画」を闇雲に観るよりも遥かに、
背筋を凍らされる「サスペンス映画」です。

で、もちろん、
ラストはバッドエンドです。後味の悪いラストを迎えます。
ですが、
そこだけをクローズアップさせるような「サスペンス映画」ではありません。
セブン」同様、
視聴者に強烈なインパクトを残す「サスペンス映画」なんですね。
ジェフ・ブリッジス演じるマイケルが辿り着く驚愕の真実、
その過程で観せる苦悩と家族への想いを、視聴者に抱かせながらラストへ向かう展開なんです。
ただの後味の悪い「映画」ではないんです。
まぁ、観終わった後、心はズタズタなんですけどね。
オススメするのをためらうぐらい。

サスペンス映画」でバッドエンド、
面白いから観てください、なんて紹介は出来ない作品、
隣人は静かに笑う
静かに再生ボタンを押してみてください。

 

 

今現在、「Netflix(ネットフリックス)でこちらは観られますけど、
気をつけて視聴してください。

 

ジェフ・ブリッジスについて

 

ジェフ・ブリッジス(1949年12月4日〜)は、
アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優さんです。

主な出演作は、

映画(役名)
1971年 ラスト・ショー(デュアン・ジャクソン)アカデミー助演男優賞ノミネート
1974年 サンダーボルト(ライトフット)アカデミー助演男優賞ノミネート
1984年 スターマン/愛・宇宙はるかに(スターマン)アカデミー主演男優賞ノミネート
1988年 タッカー(プレストン・タッカー)フランシス・フォード・コッポラ監督作
1998年 ビッグ・リボウスキ(ザ・デュード)ブラックコメディ」の最高傑作
隣人は静かに笑う(マイケル・ファラディ)後味の悪い映画
2000年 ザ・コンテンダー(ジャクソン・エヴァンズ大統領)アカデミー助演男優賞ノミネート
2009年 クレイジー・ハート(バッド・ブレイク)アカデミー主演男優賞受賞
2010年 トゥルー・グリッド(ルースター・コグバーン)アカデミー主演男優賞ノミネート
2016年 最後の追跡(マーカス・ハミルトン)アカデミー助演男優賞ノミネート

アカデミー助演男優賞にノミネート4回
アカデミー主演男優賞にノミネート3回中、1回受賞している俳優さんです。

個人的には何と言っても1998年の2作
コーエン兄弟の「ブラックコメディ」の最高傑作「ビッグ・リボウスキ」と、
サスペンス映画」で、後味は悪いですが評価の高い「隣人は静かに笑う」、
この2作が印象深い俳優さんです。

1998年の同じ年に、
こんなに色合いの違う2つの主演「映画」が公開されるという暴挙、
当時からのジェフ・ブリッジスファンはどんな心境だったのでしょうか?
暴挙と言わざるおえないほどの出来事です。

アメリカでの公開は「ビッグ・リボウスキ」がまず公開されて、
約3ヶ月後に「隣人は静かに笑う」が公開されています。
ビッグ・リボウスキ」でヒーヒー笑わせられてから、


隣人は静かに笑う」で、笑えない恐怖を背筋に背負わされる、
なんとも落差の激しい感情の揺さぶられ方ですね。大変そうです。

 

もし、
隣人は静かに笑う」をまだ観ていないなら、
ビッグ・リボウスキ」を観る前に視聴することをオススメします。

後味の悪いサスペンス映画」で傷付いた心をですね、
ビッグ・リボウスキ」で緩和してください。
人によっては、
緩和されない可能性も秘めておりますけど、
個人的オススメ「コメディ映画」ですからね。真っ黒な「コメディ」ですが。

ジェフ・ブリッジス主演「映画」でオススメな2本、
ビッグ・リボウスキ」と「隣人は静かに笑う」、
暇潰しにしてください。

 

最後に

 

「不快な気持ちにさせようなんて、微塵も思っておりません。」

正直な気持ちです。

後味の悪いサスペンス映画」を紹介して、

気持ちを萎えさせようとは考えていません。ゼロですよ、そんな感情は。

冒頭にも書きましたけど、

好きな「サスペンス映画」を紹介しているだけなんですね。
数本だけ、2度と観ないという作品を紹介しておりますが、
2度と観ないと思わせるパワーがあったのは事実なので、紹介しただけなんです。
映画」として凄まじいパワーが。

この「隣人は静かに笑う」もそんなパワーのある作品です。

ただ、

2度と観ないとは思いませんけどね。まだ観られますよ。
サスペンス映画」として楽しめますから。背筋は凍るけど。

そんな「隣人は静かに笑う」、
まだ観ていないあなたは1度、再生ボタンを押してみてください。
そしてついでに、
ビッグ・リボウスキ」も是非。

ではまた。

 

「2度と観ない」と決めた「バッドエンド映画」3本

 

観ることをオススメはしません。
自己責任でお願いします。申し訳ありませんけど。
お気をつけて。

 

 

スポンサーリンク