テレンス・マリック監督最新作、実話『名もなき生涯』は20年2月21日公開

この映画の予告動画は、

どうしても観入ってしまいます。

流れている雰囲気の中に、

妻への愛情娘への愛情意志の強さを伺える農夫の姿

そして、

アドルフ・ヒトラーナチス・ドイツ
第2次世界大戦中のオーストリア戦争に立ち向かった男の物語

36歳で処刑された実在していた農夫
フランツ・ヤゲルシタッターの生涯

予告動画から目を離せなくなってしまいました。

来年、絶対に観ようと思っていますけど、
確実に泣かされるであろう事は、容易に想像できてしまう映画です。

テレンス・マリック監督最新作
名もなき生涯
多分、視聴後、心に響く何かがある作品です。

 

スポンサーリンク

テレンス・マリック監督作、実話『名もなき生涯』

 

名もなき生涯

巨匠テレンス・マリック監督最新作!『名もなき生涯』

監督・脚本 テレンス・マリック
出演(役名) アウグスト・ディール(フランツ・ヤゲルシタッター)
ヴァレリー・パフナー(フランチスカ)
ミカエル・ニクヴィスト(?)
ユルゲン・プロホノフ(?)
マティアス・スーナールツ(?)
ブルーノ・ガンツ(?)
アメリカ公開 2019年12月13日
日本公開 2020年2月21日

第72回カンヌ国際映画祭コンペティションに出品
エキュメニカル審査員賞フランソワ・シャレ賞受賞

 

エキュメニカル審査員賞
キリスト教関連の団体から贈られる賞で、カンヌ国際映画祭の独立部門の1つ

 

フランソワ・シャレ賞
作品のジャーナリズムを称えた賞で、カンヌ国際映画祭の独立部門の1つ

Variety誌
「『名もなき生涯』は大スクリーンで観るべき映画だ。」
文明を救った静かなる抵抗胸が震える。」
The Telegraph誌
「『ツリー・オブ・ライフ』以来の最高傑作。」
London Evening Standard紙
まさに天才の仕事。」

 

名もなき生涯実話を基に製作

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに併合されたオーストリアが舞台。
良心的兵役拒否の立場から、
度重なる従軍命令とナチスの軍門に降った教会の指示に従わず、
ひたすらに自分の信念
妻や娘への愛を貫き、
36歳という短い生涯を生きた、
農夫フランツ・ヤゲルシタッター
ヒトラーへの忠誠を拒絶
自らの信念に従い、家族を愛し続けた農夫の、
実話を基に製作された作品

〜『名もなき生涯』〜

 

スポンサーリンク

 

監督:テレンス・マリックについて

 

テレンス・マリック(1943年11月30日〜)は、
アメリカの映画監督、脚本家、プロデューサーです。

主な映画監督作は、

公開年 タイトル 主役
1973年 地獄の逃避行 マーティン・シーン
1978年 天国の日々 リチャード・ギア
1998年 シン・レッド・ライン ショーン・ペン
2011年 ツリー・オブ・ライフ ブラッド・ピット
2012年 トゥ・ザ・ワンダー ベン・アフレック
2015年 聖杯たちの騎士 クリスチャン・ベール
2019年 名もなき生涯 アウグスト・ディール 

 

1978年「天国の日々」

 

天国の日々
・カンヌ国際映画祭監督賞:受賞
・全米映画批評家協会賞監督賞と撮影賞:受賞
・ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞:受賞
・カンヌ国際映画祭パルム・ドール:ノミネート
・アカデミー賞撮影賞:受賞
・アカデミー賞作曲賞、音響賞、衣装デザイン賞:ノミネート

 

1998年「シン・レッド・ライン」

 

シン・レッド・ライン
・ベルリン国際映画祭金熊賞:受賞
・ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞と撮影賞:受賞
・アカデミー賞監督賞:ノミネート
・アカデミー賞作品賞:ノミネート
・アカデミー賞脚色賞:ノミネート
・アカデミー賞撮影賞、音楽賞、音響賞、編集賞:ノミネート

 

2011年「ツリー・オブ・ライフ」

 

ツリー・オブ・ライフ
・カンヌ国際映画祭パルム・ドール:受賞
・ロサンゼルス映画批評家協会賞監督賞:受賞
・サンフランシスコ映画批評家協会賞監督賞:受賞
・アカデミー賞監督賞:ノミネート
・アカデミー賞作品賞、撮影賞:ノミネート

映画監督として有名ですが、
アカデミー賞の授賞式や各映画祭への出席はなく、
メディアへの露出やインタビューもほとんどない方で、謎めいている印象です。
そんな印象と作風、作品の評価から、巨匠と評されている監督です。

私個人としては残念ながら、
1998年の「シン・レッド・ライン」しか視聴した事がなく、
なんとも言えないのが現状・・・。

2011年ツリー・オブ・ライフ」は今度観てみようと思っています。

 

 

フランツ役:アウグスト・ディールについて

 

アウグスト・ディール(1976年1月4日〜)は、
ドイツ出身の俳優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
2002年 タトゥー マーク・シュラーダー
2004年 青い棘 ギュンター・シェラー
2007年 ヒトラーの贋札 アドルフ・ブルガー
2008年 ベルリン陥落1945 ゲルト
2009年 イングロリアス・バスターズ ヘルシュトローム少佐
2010年 ソルト マイク・クラウス
2016年 マリアンヌ ホバー
2017年 マルクス・エンゲルス カール・マルクス
2019年 名もなき生涯 フランツ・ヤゲルシタッター

2004年の「青い棘」で、
ドイツ映画批評家協会最優秀男優賞受賞

2006年にはフランスのファッション誌「Gala」から、
今日における最も重要なドイツの俳優」と評されています。

アウグスト・ディールが出演している映画の中で、
特に有名なのが、
クエンティン・タランティーノが監督、脚本を手掛けた、
イングロリアス・バスターズ」です。
彼は脇役ですけどね。
私は大好きな作品です。

 

2020年2月21日に公開される、
名もなき生涯』で実在していた人物農夫のフランツ・ヤゲルシタッター熱演。
予告動画で既に、その凄まじい演技力を感じてしまいます。

 

 

ブルーノ・ガンツの遺作となった『名もなき生涯』

 

ブルーノ・ガンツ(1941年3月22日〜2019年2月16日)は、
スイス・チューリッヒ出身の俳優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1987年 ベルリン・天使の詩 天使ダミエル
1998年 永遠と一日 アレクサンドル
2000年 ベニスで恋して フェルナンド
2004年 ヒトラー〜最期の12日間〜 アドルフ・ヒトラー
2007年 コッポラの胡蝶の夢 スタンチュレスク教授
2015年 ハイジ アルプスの物語 アルムおんじ
2018年 ハウス・ジャック・ビルト ウェルギ
2019年 名もなき生涯

 

1987年ベルリン・天使の詩」は非常に有名な作品です。
若い方だと、
1998年にリメイクされた、
シティ・オブ・エンジェル」の方がしっくり来ますかね。
(ニコラス・ケイジが天使役、メグ・ライアンと共演した作品です)

あと、
これは良いのか悪いのか微妙ですけど、
空耳系の動画で有名な、
2004年ヒトラー〜最期の12日間〜」のアドルフ・ヒトラー役。
あのヒトラーを熱演していたのがブルーノ・ガンツです。

ヒトラーの演技で高い評価を得ていたブルーノ・ガンツは、
2018年に大腸癌と診断され、
2019年2月16日に、チューリッヒの自宅で亡くなりました。享年77歳。

2020年2月21日に公開される、
名もなき生涯』がブルーノ・ガンツ遺作です。

 

 

最後に

 

予告動画を観まして、

どうしても気になって仕方なかったので、

名もなき生涯』を記事にさせて頂きました。

間違いなく、
私のような涙腺の緩んだおじさんは泣かされるでしょうけど、
確実に来年、観ようと思っている作品です。

楽しめるかどうかは分かりません。

けど、

何かが心に残る事は確信しています。
それが痛くて悲しい感情だとしても・・・。

テレンス・マリック監督最新作
名もなき生涯』は2020年2月21日から公開されます。

ではまた。

 

スポンサーリンク