深町秋生「ヘルドッグス」シリーズ完結編『天国の修羅たち』あらすじ/感想

深町秋生の「ヘルドッグス」シリーズ完結編、
天国の修羅たち

映画「ヘルドッグス」の後日談にあたるこの第3弾、
文庫書き下ろしで発売中です。

天国の修羅たち

✅ 「ヘルドッグス」シリーズの完結編

✅ 主人公は警視庁捜査一課所属の女性巡査部長:神野真理亜

✅ 文庫で約300ページ、一気読みです

第1弾の前日譚を描いた第2弾、
第1弾のその後を描いた第3弾の天国の修羅たち
しっかりと完結し、非常に楽しめたシリーズでした。

スポンサーリンク

シリーズ完結編『天国の修羅たち』あらすじ/感想

天国の修羅たち』深町秋生

主な登場人物
  • 神野真里亜:警視庁捜査一課所属の女性巡査部長
  • 樺島順治:新宿署のマル暴刑事
  • 近田巌夫:組特隊(組織犯罪対策特別捜査隊)隊長
  • 町元寿:元組特部参事官、現在は交通聴聞官
  • 納見一久:人事一課の監察官
  • 美濃部尚志:警視総監
  • 国木田謙太:国会議員
  • 本並一泰:東鞘会系鞘盛産業社員
  • 門馬秀一:東鞘会系熊沢組元幹部
  • 生駒・豊中:華岡組に雇われた殺し屋
  • 宮口暁彦:ジャーナリスト
  • 車田拓:ジャーナリスト、元刑事
  • 兼高昭吾:・・・出月梧郎・・・

 

あらすじ

天国の修羅たち』あらすじ

暴力団にも物怖じしない恐れ知らずの老ジャーナリストが、
何者かに惨殺された。

犯人を追う警視庁捜査一課の神野真理亜は、
元同僚の鑑識係から驚きの人物が捜査線上に上がったことを知らされる。

真実を明らかにするべく、
相棒のマル暴刑事樺島と独自の捜査を開始した真理亜は、
警視庁に巣食っているドス黒い陰謀に巻き込まれてしまう。

6年前、
構成員約7千人を誇る関東最大の広域暴力団東鞘会で起きた凄惨な事件。

その事件の結末から生まれた、
都市伝説化している“兼高ファイル”という存在。

そして、

兼高昭吾という男・・・

真理亜は、
過去に暗躍していた修羅たちの住む深淵の闇へ、突き進んでいく。

天国の修羅たち

 

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
天国の修羅たち』の感想

 

(もうちょっと重厚感が欲しかったけど・・・)

8

 

深町秋生の「ヘルドッグス」シリーズ完結編天国の修羅たち
一気読みしてしまいました。

 

面白かったです。

 

スピーディーな展開と、
否応無しに繰り広げられる血生臭い陰謀、そして、
兼高昭吾という闇の住人の再登場から一気にラストまで駆け抜ける「ヘルドッグス」の完結編。
(鳥肌が立つぐらい嬉しかった)

 

シリーズを読み進めてきたファンなら間違いなく楽しめる1冊だと思います。

 

ただですね、

 

シリーズ1作目「ヘルドッグス 地獄の犬たち」、
シリーズ2作目「煉獄の獅子たち」と比べると、
ちょっと駆け足感を感じてしまうのも事実。

 

映画「ヘルドッグス」の公開に間に合わせようと、
ダッシュで完結させたように思ってしまいました。

 

短いんですよね。

 

重厚感という意味では少し、物足りなさを感じてしまいました。

 

ラストの展開も、物語の締め方も申し分ないんですけども、
個人的にはもっと重厚感があったら良かったなと。

 

長ければ良いという訳じゃないんですが、
深町秋生の描くハードボイルドにダラダラ感を感じたことは一切ありませんから、
なんか勿体なくて・・・。

 

と言いつつ、
満足しているんですけどね。

 

「ヘルドッグス」シリーズには楽しませてもらいました。

 

この天国の修羅たちはもちろん、
深町秋生の「ヘルドッグス」シリーズはオススメです。

 

 

深町秋生「ヘルドッグス」シリーズ

シリーズ第1弾「ヘルドッグス 地獄の犬たち」

・シリーズを読み進めるならここからがベストです。映画版の原作もこの第1弾。
・十朱と兼高の異様な関係性をお楽しみください。

シリーズ第2弾「煉獄の獅子たち」

・シリーズ第2弾でありながら、第1弾の前日譚を描いている「煉獄の獅子たち」。
・第1弾にも劣らない重厚な物語、圧倒的な男達のエピソードゼロ

シリーズ第3弾、完結編『天国の修羅たち

・「ヘルドッグス」シリーズの完結編、第1弾の後日談。
・スピーディーな展開で物語は終焉へ向かいます。

この「ヘルドッグス」シリーズ、
読み進めるなら時系列は無視して、発売順に読み進めるのをオススメします。

第1弾から第2弾の前日譚へ、そして第3弾の完結編。

現在から過去へ未来へと、目まぐるしく感じるかもしれませんけど、
じっくり読み進めていると全く問題になりませんから、
第1弾から読み進めてみてください。

 

最後に

深町秋生の「ヘルドッグス」シリーズの完結編、
天国の修羅たちを紹介させていただきました。

2022年9月16日から映画版「ヘルドッグス」も公開されます。

個人的にで申し訳ないんですけど、

面白かった原作小説からの映画版、私は成功した試しが無いんです。

ですから、

「映画を観る前に是非、原作小説を!」、
とは言い難いんですよね。

もしかしたら、原作小説を読まずに映画館へ足を運んだ方がむしろ、
成功する可能性が高いかも・・・。

分かりませんけど、個人的な経験上はそんな感じに。

別物として楽しむべきなのに、私はそこが下手くそで失敗だらけ。

「活字と映像は別物として楽しみましょう!」
これが今の正直な気持ちです。

ではまた。

 

(Visited 639 times, 2 visits today)

スポンサーリンク