「スマホ落とし」シリーズ最新作『戦慄するメガロポリス』、狙いは東京オリンピック?

スマホを落としただけなのに」、なぜこんな事が!?

個人情報の詰まったスマホを落としてしまうと、
恐ろしい事が起こり得ますよ、という恐怖感満載なシリーズもの、

スマホ落としシリーズ

そんなシリーズも今作で3作目となりましたが、

今回は、

スマホを拾ってしまったら」、
まさかこんな事に巻き込まれるなんて・・・。

落としてもダメ、

今度は拾ってもダメなシリーズ最新作です。

 

スポンサーリンク

「スマホ落とし」シリーズ最新作『戦慄するメガロポリス』

 

スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス

スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリスあらすじ

始まりは公園のベンチ。
都内の清掃人材派遣会社に勤めているOLの有希
お昼休み、公園のベンチで手作りのお弁当を食べていた有希は、ベンチの下に落ちていたスマホを見つける。
他人のプライバシーに立ち入るべきではないと、無視をしていたが、
鳴り止まない着信音に意を決して、
とうとう通話ボタンをタップしてしまう。
もしもし
もしもし
スマホの落とし主からの着信、有希は快く公園で落とし主を待つ事に。
しばらくして、
落とし主は現れ、スマホを返し、十分にお礼を言われた有希は、
午後からの仕事に戻る。
ベンチの下に落ちていたスマホを拾って、落とし主に快く返してあげただけなのに、
有希の生活どんどん変わっていく・・・

〜『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』〜

主な登場人物
栗野有希 都内で働くOL。スマホを拾っただけなのに、生活が一変してしまう。
瀧嶋慎一 スマホを落とした張本人。有希に拾ってもらい、交際がスタート。
桐野良一 神奈川県警サイバー犯罪対策課の刑事
窪田逸子 内閣サイバーセキュリティセンターのスタッフ
兵頭彰 警視庁公安部の刑事
松田美乃里 桐野の恋人。
浦井光治 連続殺人鬼。脱獄して、現在、北朝鮮に潜伏天才クラッカー
崔淑姫 浦井の通訳、世話係をつとめる北朝鮮の女性。
富田麻美 浦井に殺されかけた女性
富田誠 麻美の夫。

 

1つのスマホを拾ったから始まってしまう物語です。

スケールはどんどん大きくなっていきます。

日本の公安警察北朝鮮サイバー犯罪スパイ脱獄している連続殺人鬼

そして今年、東京オリンピックを標的とするサイバーテロ

スマホから始まる国家の危機、「スマホ落としシリーズ最新作
スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス
映画を観ているような気になって、読み進められる物語です。

 

スポンサーリンク

 

『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ方達の感想を、紹介します

 

男性の声
男性の声
『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ感想

スマホを拾っただけなのに!ですね。今回も面白かったです。
怪しいと思った人が味方か敵か?
正体が分かって色々繋がって、あ〜そういう事かと楽しみながらサクサクと読めましたね。
最後、浦井がどうなったのかが気になります。
4作目も期待しています。

 

女性の声
女性の声
『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ感想

今回もテンポよく楽しく、アッという間に読めました!
第三弾なので、もうあまり期待していなかったのですが、面白かったので、
次回作も読みたいと思います!

 

男性の声
男性の声
『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ感想

スケールがどんどん大きくなっている気がしますね。
スマホがというレベルでなないサイバー犯罪。
こうなってくると、スマホを落としただけなのにから離れてもいいような気もします・・・。
それでも、簡単に他人のプライバシーに入り込める事にやはり恐怖を感じます。
まだ先がありそうなので、その時はとりあえず読んでみたいと思います。

 

男性の声
男性の声
『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ感想

クラッカーもスパイも怖すぎますね。
スマホを落とすと大変な事になるけど、実は、
うっかりスマホを拾ってしまうのもダメらしい・・・。
落とさないし、拾わない、大事にしないと怖いです。

 

「スマホ落とし」シリーズ最新作を読んだおじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』を読んだ感想

 

スマホ落としシリーズは、
今作の『スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』で3作目となります。
是非、前2作を読んでから手に取って欲しい作品です。

 

この『戦慄のメガロポリス』、
前2作を凌駕するほどのスケールの大きさになっています。
映画のような派手さと、国家絡みの犯罪が主になっていますから、
読み進めるのは非常に楽しいのですが、
登場人物を知っておく必要があるのも事実です。

 

例えば、
物語の中心人物の1人:浦井光治
連続殺人鬼頭脳明晰、闇にドップリと浸かっている浦井を前2作で知っておいた方が、
より『戦慄のメガロポリス』を楽しめるようになります。
どうやって脱獄したのか、どのような人物なのか、
絶対に知っておくべきですね。

 

スマホ落としシリーズ
シリーズの途中から読み進めるような方はいないと思いますけど、
登場人物の繋がりはキッチリとありますので、前2作を読んでからでお願いします。
絶対に楽しめますので。

 

スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス』、
スマホがキッカケとなっているのは事実ですが、シリーズを追うたびに、
スマホの色が薄くなっています。
もうスマホだけの話では無い
身近な恐怖から、国家絡みの恐怖へと変貌、スケールのでかい物語です。
シリーズの前2作をしっかりと読み込んでから、
映画を観ているような感覚で、読者を楽しませる小説、手に取ってみてください。

 

 

 

「スマホ落とし」で始まった今までの「〜のに」シリーズ

スマホ落としシリーズの著者、
志駕晃(1963年〜)は、ニッポン放送プロジェクト専務取締役、元ラジオディレクター、
プロデューサー、小説家、漫画家です。
(志駕晃はペンネーム、本名は勅使河原昭)

今までの「〜のにシリーズは、

刊行年 刊行元 タイトル
2017年4月 宝島社文庫 スマホを落としただけなのに
2018年6月 ちょっと1杯のはずだったのに
2018年11月 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
2020年1月 『スマホを落としただけなのに 戦慄のメガロポリス』

シリーズ1作目スマホを落としただけなのに」は、
2018年に映画化されています。
中田秀夫監督、主演北川景子、千葉雄大。

シリーズ2作目スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」、
今年2020年2月21日映画が公開予定となっています。
中田秀夫監督、主演千葉雄大、白石麻衣。

スマホ落としシリーズの前2作が映画化されていますので、

今作『スマホを落としただけなのに 戦慄のメガロポリス』も映画化されるでしょうね。

映画に向いている原作と言えます。
派手な場面もありますし、題材も大きいし、終わり方も謎が残っていますから。
映像にしやすい物語です。

ちなみに、
スマホ落としシリーズは、これからも続いていくと思われます。
これからも楽しませてくれそうです。

 

最後に

 

スマホ落としシリーズ最新作
スマホを落としただけなのに 戦慄のメガロポリス』を紹介させて頂きました。

スマホという身近な恐怖からは離れ気味ですけど、

存分に楽しめる小説であることは間違いありません。

何度も書いて申し訳ありませんが、

映画を観ているように読み進められますからね。

スマホ落としシリーズの映画を視聴している方なら、

読み進めながら、登場人物を俳優に置き換えられるので、
より一層楽しめるのではないかと。
私は映画を観ていないから脳内変換が出来ず・・、羨ましい限りです。

シリーズ前2作を楽しんでから、か、
もしくは、映画を楽しんでから、
シリーズ最新作スマホを落としただけなのに 戦慄のメガロポリス』を読み進めてみてください。

ではまた。

 

スポンサーリンク