『第77回ゴールデングローブ賞』、アカデミー賞の前哨戦が完了しました

2020年1月24日

第77回ゴールデングローブ賞の授賞式が、

1月6日(米国時間:1月5日)、
カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンで行われました。

アカデミー賞の前哨戦とも言われる賞レース。

予想なんて当たりませんね。

第77回ゴールデングローブ賞映画部門

各受賞作各ノミネート作は以下の通りです。

 

スポンサーリンク

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門

 

第77回ゴールデングローブ賞は、

2019年の映画とテレビ番組を対象としていて、

ノミネート作品は2019年12月9日に発表。

授賞式は2020年1月6日(米国時間:1月5日)に開催されました。

2019年は、

話題作としてマーティン・スコセッシ監督作、
アイリッシュマン

トッド・フィリップス監督作、
ジョーカー

クエンティン・タランティーノ監督作、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ノア・バームバック監督作、
マリッジ・ストーリー

ここら辺の作品が、何かと賞を受賞するのではないかと言われていましたが、

果たして結果は

 

映画部門:ドラマ作品賞

 

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:ドラマ作品賞にノミネートされたのは5作です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:ドラマ作品賞

1917 命のかけた伝令
(日本公開:2020年2月14日)
アイリッシュマン
(日本公開:ネットフリックスで2019年11月5日に公開)
マリッジ・ストーリー
(日本公開:ネットフリックスで2019年11月29日に公開)
2人のローマ教皇
(日本公開:ネットフリックスで2019年12月20日に公開)
ジョーカー
(日本公開:2019年10月4日)

アイリッシュマン 」、「ジョーカー」が落選したのも驚きでしたけど、

ネトフリ映画が3本もノミネートされている事には驚愕しますね。

ネットフリックス映画vsその他

そんな構図にも見えてしまいます。

正直な予想を書いておくと、

なんだかんだ言って、
アイリッシュマン 」が獲るのではないかと予想していましたが、
ガッツリと外れました。この手の予想は外してばかりです。

受賞作「1917 命をかけた伝令」は、
第一次世界大戦に投入された2人の若きイギリス兵のある1日を描いた作品。
監督はサム・メンデス
アメリカン・ビューティー」(1999年)
ジャーヘッド」(2005年)
007 スペクター」(2015年)などで知られる監督です。

主演ジョージ・マッケイ
ネットフリックス映画「ずっとあなたを待っていた」に出演しています。
今現在、ネトフリで視聴可能です。

 

スポンサーリンク

 

映画部門:コメディ・ミュージカル作品賞

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:コメディ・ミュージカル作品賞にノミネートされたのは5作です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:コメディ・ミュージカル作品賞

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
(日本公開:2019年8月30日)
「ルディ・レイ・ムーア」
(日本公開:ネットフリックスで2019年11月から公開)
「ジョジョ・ラビット」
(日本公開:2020年1月17日)
「ロケットマン」
(日本公開:2019年8月23日)
ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密
(日本公開:2020年1月31日)

昨年、
映画館で視聴した「ワンハリ 」が受賞しています。
コメディ・ミュージカル部門での受賞です。
ゴールデングローブ賞はこのように、映画をジャンル分けして、
作品賞を2作に授与しています。

これからやってくるアカデミー賞では、
作品賞は1つだけです(ドキュメンタリーやアニメ、短編、外国映画を除けば)。

アイリッシュマン 」、「ジョーカー」、「1917 命をかけた伝令」、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、
マリッジ・ストーリー」あたりで争う事になるのでしょうか?
楽しみですね。

 

 

映画部門:監督賞

 

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:監督賞には5人がノミネートされています。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:監督賞

サム・メンデス
1917 命をかけた伝令
クエンティン・タランティーノ
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
マーティン・スコセッシ
アイリッシュマン
トッド・フィリップス
「ジョーカー」
ポン・ジュノ
「パラサイト 半地下の家族」

映画部門:ドラマ作品賞を受賞した「1917 命をかけた伝令」の監督、
サム・メンデスが監督賞を受賞しました。

監督賞は、作品賞とほぼ重なりますので、
納得の受賞と言えるのではないでしょうか。

 

 

映画部門:主演男優賞

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:主演男優賞、<ドラマ部門>でノミネートされたのは5人です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:主演男優賞<ドラマ部門

ホアキン・フェニックス
ジョーカー
アントニオ・バンデラス
「Pain and Glory」
アダム・ドライバー
マリッジ・ストーリー
ジョナサン・プライス
2人のローマ教皇
クリスチャン・ベール
「フォードvsフェラーリ」

ジョーカー」で怪演を魅せたホアキン・フェニックスが、
納得の<ドラマ部門>で主演男優賞を受賞しました。
受賞スピーチで酷い事ばかり喋ったようですけど、
あの「ジョーカー」では頷いてしまいますね。

 

 

映画部門:主演男優賞<コメディ/ミュージカル部門>でノミネートされたのは5人。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:主演男優賞<コメディ/ミュージカル部門

タロン・エガートン
ロケットマン
レオナルド・ディカプリオ
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
エディ・マーフィ
「ルディ・レイ・ムーア」
ダニエル・クレイグ
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ローマン・グリフィン・デイビス
ジョジョ・ラビット

2020年1月17日から日本で公開される「ジョジョ・ラビット」、
主演のローマン・グリフィン・デイビスがノミネートされています。
子役です。ノミネートされるほどの演技、注目したい新人ですね。

 

スポンサーリンク

 

映画部門:助演男優賞

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:助演男優賞でノミネートされているのは5人です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:助演男優賞

ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
アンソニー・ホプキンス
2人のローマ教皇
トム・ハンクス
「A Beautiful Day in the Neighborhood」
アル・パチーノ
「アイリッシュマン 」
ジョー・ペシ
「アイリッシュマン 」

随分と濃いメンバーになったレースですね。
見渡す限り大御所だらけ、です。

こちらも正直な予想を申しますと、

アイリッシュマン 」のジョー・ペシだと思っていたのですが、
結局またハズレです。

ブラピは納得なんですけどね。

ワンハリ 」のラストで魅せたブラピの躍動感
今も脳裏に焼きついています。

助演男優賞、助演女優賞はジャンル分けはされていませんので、
これだけです。

 

 

映画部門:主演女優賞

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:主演女優賞ドラマ部門>でノミネートされたのは5人です。

「第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:主演女優賞<ドラマ部門

レネー・ゼルウィガー
ジュディ 虹の彼方に
スカーレット・ヨハンソン
マリッジ・ストーリー
シアーシャ・ローナン
「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
シャーリーズ・セロン
「スキャンダル」
シンシア・エリヴォ
「ハリエット」

2003年「コールド・マウンテン」で、
第76回アカデミー助演女優賞受賞しているレネー・ゼルウィガーが、
<ドラマ部門>で主演女優賞を受賞しました。
アカデミー賞での主演女優賞はノミネート止まりですから、
遂にその時が!
あるかもしれませんね。

 

映画部門:主演女優賞<コメディ・ミュージカル部門>でノミネートされたのは5人。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:主演女優賞<コメディ・ミュージカル部門

オークワフィナ
フェアウェル
ケイト・ブランシェット
「Where’d You GO,Bernadette」
ビーニー・フェルドスタイン
「ブックスマート」
アナ・デ・アルマス
「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
エマ・トンプソン
「レイトナイト 私の素敵なボス」

「フェアウェル」で<コメディ・ミュージカル部門>の主演女優賞を受賞した、
オークワフィナは、
中国系アメリカ人の父親と、韓国系アメリカ人の母親を持つアジア系の女優さんです。
「オーシャンズ8」(2018年)や、
「ジュマンジ/ネクスト・レベル」(2019年)などにも出演しています。

 

 

映画部門:助演女優賞

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:助演女優賞にノミネートされたのは5人です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:助演女優賞

ローラ・ダーン
マリッジ・ストーリー
アネット・ベニング
「ザ・リポート」
ジェニファー・ロペス
「ハスラーズ」
マーゴット・ロビー
「スキャンダル」
キャシー・ベイツ
リチャード・ジュエル

「マリッジ・ストーリー」で助演女優賞を受賞したローラ・ダーン
1993年「ジュラシック・パーク」のエリー・サトラー博士役でお馴染みの女優さん。
糞の中に手を突っ込んでいたのがローラ・ダーンです。

2017年「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」にホルド中将役で出演しています。

 

 

映画部門:脚本賞・作曲賞・主題歌賞

 

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:脚本賞にノミネートされているのは5人です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:脚本賞

クエンティン・タランティーノ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン
「パラサイト 半地下の家族」
ノア・バームバック
「マリッジ・ストーリー」
アンソニー・マクカーテン
「2人のローマ教皇」
スティーヴン・ゼイリアン
「アイリッシュマン 」

タランティーノの「ワンハリ 」は納得です。

ネタバレになるので、あまり詳しくは語りませんけど、

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のラスト13分
タランティーノの思いが強烈に詰まっています
その思いを具現化しているのが、
レオナルド・ディカプリオ演じるリック・ダルトンと、
ブラッド・ピット演じるクリフ・ブースです(助演男優賞を受賞)。

是非、視聴してみてください。

 

映画部門:作曲賞にノミネートされているのは5曲人です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:作曲賞

ヒドゥル・グドナドッティル
ジョーカー
ランディ・ニューマン
「マリッジ・ストーリー」
アレクサンドル・デスプラ
「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
トーマス・ニューマン
「1917 命をかけた伝令」
ダニエル・ペンバートン
マザーレス・ブルックリン

昨年、
何かと話題になった「ジョーカー」が作曲賞を受賞しています。
作品自体もそうですけど、曲も耳に残ってしまっていますね。

エドワード・ノートン監督作
2020年1月10日に公開される「マザーレス・ブルックリン」が、
作曲賞でノミネートされています。
こちらも楽しみな映画です。

 

映画部門:主題歌賞でノミネートされているのは5曲です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:主題歌賞

(I’m Gonna)Love Me Againエルトン・ジョン&タロン・エガートン
ロケットマン
Beautiful Ghosts:テイラー・スウィフト
「キャッツ」
Into the Unknown:パニック・アット・ザ・ディスコ
「アナと雪の女王2」
Stand Up:シンシア・エリヴォ
「ハリエット」
SPIRIT:ビヨンセ
「ライオン・キング」

特に何も感想が無いんですよね。
すいません。
エルトン・ジョン、テイラー・スウィフト、ビヨンセ、
名前は知っておりますけど、全く聴かないもので・・・。

 

 

映画部門:アニメ映画賞・外国語映画賞

 

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門:アニメ映画賞にノミネートされているのは5作です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:アニメ映画賞

Missing Link
「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
「アナと雪の女王2」
「ライオン・キング」
「トイ・ストーリー4」

 

映画部門:外国語映画賞にノミネートされたのは5作です。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:外国語映画賞

パラサイト 半地下の家族」(韓国
「フェアウェル」(アメリカ)
「レ・ミゼラブル」(フランス)
「Dolor y gloria」(スペイン)
「Portrait de la jeune fille en feu」(フランス)

ポン・ジュノ監督作「パラサイト 半地下の家族」は、
第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初のパルム・ドール受賞
韓国では2019年5月30日に公開されて、観客動員数は1000万人を突破しています。
主演ソン・ガンホ。
日本での公開は、2020年1月10日に予定されています。

 

スポンサーリンク

 

第77回ゴールデングローブ賞:映画部門・最多受賞、最多ノミネート

第77回ゴールデングローブ賞
映画部門での最多ノミネートは、以下の通りです(10位まで)。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:最多ノミネート

順位 ノミネート数 タイトル
マリッジ・ストーリー
「アイリッシュマン 」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
「ジョーカー」
2人のローマ教皇
1917 命のかけた伝令
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
「パラサイト 半地下の家族」
「ロケットマン」

 

最多受賞した作品の順位は以下の通りです。

第77回ゴールデングローブ賞 映画部門:最多受賞

順位 受賞数 タイトル
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
1917 命をかけた伝令
「ジョーカー」
「ロケットマン」

クエンティン・タランティーノ監督作、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が、
第77回ゴールデングローブ賞3つの部門を受賞して、最多受賞作となりました。
(コメディ・ミュージカル部門作品賞、助演男優賞、脚本賞)

注目していた、
マーティン・スコセッシ監督作、
アイリッシュマン 」は受賞とはならず、
アカデミー賞に持ち越しですね。

 

 

最後に

 

アカデミー賞の前哨戦と言われる賞レース、

第77回ゴールデングローブ賞映画部門を紹介させて頂きました。

本当なら、

テレビドラマ部門というのがあるんですけど、

そちらを書いてしまうと、
10000文字を超えてしまうので、割愛させてもらいました。

次の映画賞はアカデミー賞です。

ジョーカー」がどこまで賞を獲得するのか、
アイリッシュマン 」が躍動するのか、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」がゴールデングローブ賞同様、
アカデミー賞でも主役となるのか、

注目して、楽しみたいですね。

ではまた。

スポンサーリンク