ロバート・ゼメキス監督最新作『魔女がいっぱい』、12月4日から公開

ハードルが上がりきってしまっている映画監督
スティーヴン・スピルバーグあたりは大変ですよね。
新作を発表したって、どうしても彼の過去の名作たちと比べられてしまいます。

仮にですけど、
フランシス・フォード・コッポラが再びメガホンを・・・、
なんてニュースが飛び込んできても、やはりハードルは上がりきってしまっています。

そういう意味では、

ロバート・ゼメキスという映画監督も、ハードルは異様な高さになっていますよね。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを手がけた監督
「フォレスト・ガンプ/一期一会」という名作を生み出した監督

過去の栄光にすがるなという方が無理な話で、
ロバート・ゼメキスが過去に生み出した名作は強力過ぎますから、
今作もどうしたって比べられてしまうんでしょうね。

アン・ハサウェイ主演監督ロバート・ゼメキス
魔女がいっぱい
2020年12月4日から日本で公開予定となっているホラー・ファンタジーです。

12月4日公開『魔女がいっぱい』

 

魔女がいっぱい

アン・ハサウェイ主演!映画『The Witches』米国版予告編

監督 ロバート・ゼメキス
原作 ロアルド・ダール「魔女がいっぱい」
出演(役名) アン・ハサウェイ(大魔女:グランド・ウィッチ)
オクタヴィア・スペンサー(おばあちゃん)
スタンリー・トゥッチ(ミスター・ストリンガー)
クリス・ロック(年上のヒーロー・マウス:声)
アメリカ公開 2020年10月22日
日本公開 2020年12月4日
原作者ロアルド・ダール
ロアルド・ダール(1916年9月13日〜1990年11月23日)は、
イギリスの小説家、脚本家です。

・1967年「007は二度死ぬ」の脚本家
・2005年「チャーリーとチョコレート工場」の原作者
(原題:Charlie and the Chocolate Factory)
・2020年『魔女がいっぱい』の原作者
(原題:The Witches)
・日本アニメ界の巨匠宮崎駿ダールのファン

 

 

あらすじ

魔女がいっぱいあらすじ

魔女は実在していて世界中に潜んでいる

1960年代、
とある豪華ホテルに現れた1人の美女。
見た目は誰よりもオシャレで上品な美貌の持ち主。しかし、
その中身は、
美しい外見を壮大に裏切る誰より危ない邪悪な大魔女、
グランド・ウィッチ

魔女たちは歳をとらず若々しく、オシャレに気を使い、
常に帽子をかぶり長い手袋をしている。

そして、
人間のフリをして何食わぬ顔で暮らしながら、時々、人間に邪悪な魔法をかけている。

彼女たち魔女の存在に気づいている人間はいない

気づいてしまった人間は魔法をかけられ、動物に変えられてしまうから。

そんな魔女たちの頂点にいるグランド・ウィッチが、
豪華ホテルに魔女たちを集めて、なにやら良からぬ計画を実行しようとしている。

しかし、
ある少年が偶然にも魔女たちの集会に紛れ込み、良からぬ計画を知ってしまう。
グランド・ウィッチはその少年を魔法でネズミに変えてしまった。

ここから物語は、世界中の魔女たちを巻き込んだ思わぬ展開・・・。

〜『魔女がいっぱい』〜

 

監督はロバート・ゼメキス
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ、
「フォレスト・ガンプ/一期一会」などの作品でお馴染みの映画監督。

主演はアン・ハサウェイ
「レイチェルの結婚」、「レ・ミゼラブル」、「インターステラー」などへの出演で知られる女優。

ロバート・ゼメキスアン・ハサウェイがコンビを組んで、
ロアルド・ダール原作の「魔女がいっぱい」を映画化した作品、
魔女がいっぱい
日本での公開は2020年12月4日予定となっています。

2回目の映画化
ロアルド・ダール原作の「魔女がいっぱい」を映画化したのは、今作が2回目です。
1回目は、日本で劇場未公開の作品、
1990年「ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!」
・監督ニコラス・ローグ
・主演アンジェリカ・ヒューストン
アンジェリカ・ヒューストンは、「アダムス・ファミリー」のモーティシア・アダムス役でも有名な女優さん。
魔女にピッタリな妖艶な容姿ですね。
今作『魔女がいっぱい』で、アンジェリカ・ヒューストンから魔女バトンを受け取ったのがアン・ハサウェイ

 

スポンサーリンク

 

監督ロバート・ゼメキスについて

ロバート・リー・ゼメキス(1952年5月14日〜)は、
アメリカの映画監督、脚本家です。

主な映画監督作は、

公開年 タイトル 主演
1985年 バック・トゥ・ザ・フューチャー マイケル・J・フォックス
1988年 ロジャー・ラビット ボブ・ホスキンス
1989年 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 マイケル・J・フォックス
1990年 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3
1992年 永遠に美しく・・・ メリル・ストリープ
1994年 フォレスト・ガンプ/一期一会 トム・ハンクス
1997年 コンタクト ジョディ・フォスター
2000年 ホワット・ライズ・ビニーズ ハリソン・フォード
キャスト・アウェイ トム・ハンクス
2012年 フライト デンゼル・ワシントン
2015年 ザ・ウォーク ジョセフ・ゴードン=レヴィット
2016年 マリアンヌ ブラッド・ピット
2020年 魔女がいっぱい アン・ハサウェイ

ロバート・ゼメキスといえば、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの監督としてあまりにも有名ですね。
世の中は十人十色、このシリーズが嫌いという方もいるんでしょうけど、
私は未だに出会ったことがありません。
万人に愛されるSF映画を作った監督です。
(シリーズの製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ)

そして1994年、
こちらも映画史に刻まれた名作「フォレスト・ガンプ/一期一会」を作り上げ、
第67回アカデミー賞で、
作品賞「フォレスト・ガンプ/一期一会」
監督賞「ロバート・ゼメキス」
主演男優賞「トム・ハンクス」
脚色賞「エリック・ロス」
編集賞「アーサー・シュミット」
視覚効果賞「ケン・ローストン、ジョージ・マーフィー、スティーヴン・ローゼンブルム、アラン・ホール」
計6部門受賞しています。

その後もロバート・ゼメキスは良作を作り上げていくんですが、
流石に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「フォレスト・ガンプ/一期一会」ほどのインパクトは残せず。
その2つがあまりにも大き過ぎるんでしょうね。

そして今作、
ホラー・ファンタジー魔女がいっぱい』の監督として、
久しぶりにロバート・ゼメキスの名を聞くことに。
アン・ハサウェイとのコンビも楽しみです。

 

Netflix
2020年11月現在Netflixで観られるロバート・ゼメキス作品は、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」(1990年)
「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994年)
「キャスト・アウェイ」(2000年)
PART2はなぜか消えていますけど、ゼメキス作品の復習は可能です。

 

 

大魔女役:アン・ハサウェイについて

アン・ジャクリーン・ハサウェイ(1982年11月12日〜)は、
アメリカの女優です。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
2001年 プリティ・プリンセス ミア・サーモポリス
2005年 ブロークバック・マウンテン ラリーン・ニューサム・ツイスト
2006年 プラダを着た悪魔 アンドレア・サックス
2008年 レイチェルの結婚 キム・バッチマン
2010年 アリス・イン・ワンダーランド 白の女王
ラブ&ドラッグ マギー・マードック
2012年 ダークナイト ライジング セリーナ・カイル/キャット・ウーマン
レ・ミゼラブル ファンティーヌ
2014年 インターステラー アメリア・ブランド
2016年 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 白の女王
2018年 オーシャンズ8 ダフネ・クルーガー
2020年 魔女がいっぱい 大魔女
アン・ハサウェイ
・2008年「レイチェルの結婚」:キム・バッチマン役
☆第81回アカデミー主演女優賞ノミネート
☆第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート

・2010年「ラブ&ドラッグ」マギー・マードック役
☆第68回ゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート

・2012年「レ・ミゼラブル」ファンティーヌ役
第85回アカデミー助演女優賞受賞
第70回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞

アン・ハサウェイといえば、ショートカットも似合う超美人、
そんな印象の女優さんです。
代表作となると、賞レースに絡んだ「レ・ミゼラブル」となるんでしょうけど、
個人的にはクリストファー・ノーラン監督作「インターステラーが印象深くなっています。

上に載せた予告動画では、おぞましい魔女容姿を見せてくれていますが、
それでも隠せきれていない美人度。
美人が口の裂けた魔女を演じても、結局は美人に落ち着くんですね。

そんな超美人のアン・ハサウェイロバート・ゼメキスとコンビと組んで、
2020年12月4日から日本で公開される『魔女がいっぱい』に主演。
結局美人な口裂け魔女を演じています。
アン・ハサウェイファンなら必見の1本になりそうです。

Netflix
2020年11月現在Netflixで観られるアン・ハサウェイ出演作は、
「ゲット スマート」(2008年)
「パッセンジャーズ」(2008年)
「バレンタインデー」(2010年)
「ダークナイト ライジング」(2012年)
「レ・ミゼラブル」(2012年)
「インターステラー」(2014年)
「マイ・インターン」(2015年)
「シンクロナイズドモンスター」(2016年)
「セレニティー:平穏の海」(2019年)Netflixオリジナル作品
「マクマホン・ファイル」(2020年)Netflixオリジナル作品
計10作品ほど、今なら視聴可能となっています。
何度もすいませんが、個人的なオススメはインターステラー

 

 

最後に

 

2020年12月4日から公開予定となっている、
ロバート・ゼメキス監督アン・ハサウェイ主演ホラー・ファンタジー
魔女がいっぱい』を紹介させて頂きました。

今の日本映画界は「鬼滅の刃」一色になっておりますので、
魔女がいっぱい』がどこまでヒットするのかは想像し難いですね。
あの勢いを考えると、12月だってまだまだ衰えていないでしょうし。
苦戦を強いられそうです。

アン・ハサウェイのファン
ハードルが上がりまくってしまったロバート・ゼメキス監督最新作に興味を持っているファン
その2つのファン層が頑張るしかありません。
公開延期を余儀なくされた洋画界、2020年最後の大作ではないでしょうか。
私は観たいと思っています。

ではまた。

 

 

 

スポンサーリンク