ジョージ・クルーニー監督で主演『ミッドナイト・スカイ』Netflixで12月23日解禁

2020年11月23日

いよいよ年末に向けて慌ただしくなってきた感じがしますね。

今年は世界的にインドアな1年でしたから、
インドアで楽しめるものがドンドン増えていくのはありがたいです。

PS5もそうですし、
「天穂のサクナヒメ 」という大ヒットゲームも生まれました。
(PS5は買えませんでしたので、こちらのPS4ダウンロード版を購入、プレイ中)

そんな中、Netflix加入者の12月も忙しくなりそうで、

Netflixの12月

まずは、
デヴィッド・フィンチャー監督作、ゲイリー・オールドマン主演の、
Mank/マンク」が12月4日から解禁。

そして、
ジョージ・クルーニー監督作主演もジョージ・クルーニー
ミッドナイト・スカイ12月23日から解禁。

まだ2つだけ、
ではありますけど、濃そうな映画が2本も待っている、
そして、インドアで楽しめるという最高の時間が待っている、
忙しくなりますよ。

Netflix『ミッドナイト・スカイ』

 

ミッドナイト・スカイ

ジョージ・クルーニー主演『ミッドナイト・スカイ』予告編-Netflix

監督 ジョージ・クルーニー
原作 リリー・ブルックス=ダルトン「世界の終わりの天文台」
出演(役名) ジョージ・クルーニー(オーガスティン)
フェリシティ・ジョーンズ(サリー)
カイル・チャンドラー(ミッチェル)
デミアン・ビチル(サンチェス)
デヴィッド・オイェロウォ(トム・アドウォール)
配信元 Netflixで12月23日から

ミッドナイト・スカイ』あらすじ

ある日を境に、人類は滅亡の危機に瀕することになった。
地球そのものの未来すら絶望的な状況。

そんな中、
北極に残り続けている科学者のオーガスティンは、
なんとか宇宙船とコンタクトを取ろうと、極寒の北極で奮闘。

宇宙探査ミッションを経て地球へ帰還しようとしている、
宇宙飛行士のサリーへ地球の惨状を知らせようとしていた。

「地球は絶望的だ。この先、人類が生き残れるとすれば、
それは、宇宙に存在する何億という星々の中の1つではないか・・・人間が暮らせる星があるはず。
人類の未来を救わねば・・・。」

サリーたちへこの現実を伝えるには、強力なアンテナが必要。
オーガスティンの孤独な戦いが始まる。

手遅れになる前に

ミッドナイト・スカイ

ミッドナイト・スカイ
・原作はリリー・ブルックス=ダルトンのSF小説「世界の終わりの天文台

監督・主演はジョージ・クルーニー

Netflix12月23日(水)から独占配信

これは勝手な想像ですが、
予告動画を観た感じからすると、オーガスティン側は、
サリーたちに、地球に帰還せずに、新しい星を探して欲しいと依頼。

サリーたちはその依頼を受けて探査しようとするも、
宇宙船の燃料的にかなり難しい、けれども探査を続ける。人類を救おうと。

もしくは、

サリーたちに、

「地球の未来ではなく、新しい土地(星)で人類の未来を担ってくれ」

と、未来そのものを救おうとするのか。

あまり読み取れる部分がありませんでしたので、
勝手な想像なんですけど、非常に楽しみな映画であることは間違いありません。

それにしても、久しぶりに観たジョージ・クルーニー、老けましたね〜、
いい感じに。

 

スポンサーリンク

 

監督ジョージ・クルーニーについて

ジョージ・ティモシー・クルーニー(1961年5月6日〜)は、
アメリカの俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

主な映画監督作は、

公開年 タイトル ジョージ・クルーニー
2003年 コンフェッション 監督・出演(ジム・バード役)
2005年 グッドナイト&グッドラック 監督・脚本・出演(フレッド・フレンドリー役)
2008年 かけひきは、恋のはじまり 監督・製作・出演(ドッジ・コネリー役)
2011年 スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜 監督・製作・脚本・出演(マイク・モリス役)
2014年 ミケランジェロ・プロジェクト 監督・製作・脚本・出演(ジョージ・L・スタウト役)
2017年 サバービコン 仮面を被った街 監督・製作・脚本
2020年 ミッドナイト・スカイ 監督・製作・出演(オーガスティン役)
ジョージ・クルーニー監督
「グッドナイト&グッドラック」(2005年):監督・脚本・出演
☆第78回アカデミー作品賞 ノミネート
→監督賞 ノミネート
→脚本賞 ノミネート
☆第63回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) ノミネート
→監督賞 ノミネート
→脚本賞 ノミネート
第62回ヴェネツィア国際映画祭 脚本賞 受賞

「スーパー・チューズデー〜正義を売った日」(2011年):監督・製作・脚本
☆第84回アカデミー脚色賞 ノミネート

ジョージ・クルーニーに映画監督としての印象はほぼないんですけど、
アカデミー賞に絡んでいたり、脚本も評価されていたりと、
裏方としての才能も持ち合わせているビッグネームといった感じですね。

ちなみに、
ベン・アフレック監督・主演作「アルゴ」(2012年)で、
製作の1人としてジョージ・クルーニーは参加していて(出演はしていません)、
第85回アカデミー作品賞を受賞しています。

裏方の人なんじゃないかと錯覚をしてしまいそうですが、
演技もしっかりと評価を受けている俳優さんであることは間違いありません。

 

 

俳優ジョージ・クルーニーについて

ジョージ・ティモシー・クルーニー(1961年5月6日〜)は、
アメリカの俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

主な映画出演作は、

公開年 タイトル 役名
1996年 フロム・ダスク・ティル・ドーン セス・ゲッコー
1997年 バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲 バットマン/ブルース・ウェイン
1998年 ピースメーカー トーマス・デヴォー
アウト・オブ・サイト ジャック・フォーリー
2000年 パーフェクト・ストーム ビリー・タイン
2001年 オー・ブラザー! ユリシーズ・エヴェレット・マッギル
2002年 オーシャンズ11 ダニー・オーシャン
2005年 オーシャンズ12
シリアナ ボブ・バーンズ
2007年 オーシャンズ13 ダニー・オーシャン
フィクサー マイケル・クレイトン
2009年 マイレージ、マイライフ ライアン・ビンガム
2011年 ファミリー・ツリー マット・キング
2013年 ゼロ・グラビティ マット・コワルスキー
2015年 トゥモローランド フランク・ウォーカー
2016年 マネーモンスター リー・ゲイツ
2020年 ミッドナイト・スカイ オーガスティン
個人映画賞
「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年):バットマン/ブルース・ウェイン役
★1997年ゴールデンラズベリー賞 最低スクリーンカップル賞 ノミネート

「オー・ブラザー!」(2001年):ユリシーズ・エヴェレット・マッギル役
第58回ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞

「シリアナ」(2005年):ボブ・バーンズ役
第78回アカデミー助演男優賞 受賞
第63回ゴールデングローブ賞 助演男優賞 受賞

「フィクサー」(2007年):マイケル・クレイトン役
☆第80回アカデミー主演男優賞 ノミネート

「マイレージ、マイライフ」(2009年):ライアン・ビンガム役
☆第82回アカデミー主演男優賞 ノミネート

「ファミリー・ツリー」(2011年):マット・キング役
☆第84回アカデミー主演男優賞 ノミネート
第69回ゴールデングローブ賞 主演男優賞 受賞

アカデミー主演男優賞はノミネート止まりですけど、
アカデミー助演男優賞に輝いた経歴を持っていますし、
ゴールデングローブ賞では、主演も助演も獲得している、いまや大御所の俳優さんです。
今年で59歳。

個人的に印象深いのは、
シリーズの中でも微妙な評価を下されている「バットマン&ロビン」(戦犯はシュワちゃんの可能性が)。

実話を基にしたパニック映画「パーフェクトストーム」。

コーエン兄弟の「オー・ブラザー!」。

最近だとSF映画「ゼロ・グラビティ」などの印象も強く残っています。

やはり監督として、というよりは、
俳優ジョージ・クルーニーの方がしっくり来ますね。

そういう意味でも、
Netflix12月23日から配信されるミッドナイト・スカイは非常に楽しみな作品です。
監督ジョージ・クルーニーと、
俳優ジョージ・クルーニーの2面を楽しめますからね。
あとは待つだけです。

 

Netflixで視聴できるジョージ・クルーニー出演作

2020年11月現在
Netflixで視聴できるジョージ・クルーニー出演作は、こちらです。

Netflix
「アウト・オブ・サイト」(1998年):再生時間2時間2分

「マイレージ、マイライフ」(2009年):再生時間1時間50分

「ゼロ・グラビティ」(2013年):再生時間1時間30分

「デヴィット・レターマン 今日のゲストは大スター」(インタビュー番組)
シーズン1エピソード2のゲストがジョージ・クルーニー:再生時間53分

「ビルマーレイ クリスマス」(バラエティショー)
ビル・マーレイが豪華スターらと贈るクリスマスバラエティショー:再生時間56分

11月現在だと、
映画が3本インタビュー番組が1本バラエティが1本
計5本Netflix視聴可能となっています。あまり多いとは言えませんね。

今年の12月23日には、
ここにミッドナイト・スカイが加わります。

同じ宇宙ものということで、「ゼロ・グラビティ」あたりを視聴しておいて、
12月23日への繋ぎにするのもよろしいかと。1時間30分の映画ですから、観やすいし楽しめると思います。

 

 

最後に

 

ジョージ・クルーニー監督主演もジョージ・クルーニーというSF映画
Netflixオリジナルミッドナイト・スカイを紹介させて頂きました。

12月Netflixで解禁される注目作
デヴィッド・フィンチャー監督作、ゲイリー・オールドマン主演の「Mank/マンク」同様、
このミッドナイト・スカイも非常に楽しみです。

ただ、12月4日に「Mank/マンク」を視聴して、
ミッドナイト・スカイまでの約20日間、いい感じで暇ですので、
出来たらその間の時間を有効活用できるように、
「ウォーキング・デッド」シーズン10をそろそろお願いしたいと切に・・・。

・・・12月が楽しめるよう、願っています。

ではまた。

 

スポンサーリンク