Netflix『ミッドナイト・スカイ』の感想、ジョージ・クルーニー監督・主演のSF映画

2020年12月25日

12月23日からNetflixで配信が開始されたSF映画、

ミッドナイト・スカイ

非常に楽しみな映画だったので、満を持して視聴しました。

ミッドナイト・スカイ

 

ジョージ・クルーニー監督・主演

 

ジョージ・クルーニーNetflix初タッグ

 

レビュー評価は高くないが、淡々としたSF映画と割り切れば楽しめる

「インターステラー」や「ゼロ・グラビティ」あたりと比べないで視聴してください。

相手が悪すぎます。

個人的には、淡々としたSF映画、そして、

お父さんの贖罪、自分の娘にしてやれる唯一の事を命がけで・・・。

といった内容の物語だと思いました。

 

スポンサーリンク

 

Netflix『ミッドナイト・スカイ』

 

ミッドナイト・スカイ

ジョージ・クルーニー主演『ミッドナイト・スカイ』最終予告編-Netflix

 

(レディオヘッドの「No Surprises」が良い感じ)

監督ジョージ・クルーニー
原作リリー・ブルックス=ダルトン「世界の終わりの天文台」
出演(役名)ジョージ・クルーニー(オーガスティン)
イーサン・ペック(若い頃のオーガスティン)
フェリシティ・ジョーンズ(アイリス・”サリー”・サリヴァン)
カイリン・スプリンガル(幼少期のアイリス)
カイル・チャンドラー(ミッチェル)
デミアン・ビチル(サンチェス)
デヴィッド・オイェロウォ(トム・アドウォール)
配信元Netflixで12月23日から

 

監督・主演・製作ジョージ・クルーニー(オーガスティン役)。

若かりし頃のオーガスティンを演じたのがイーサン・ペック。
ジョージ・クルーニーの声をアテレコして演じていましたので、
全然違和感を感じませんでした。細部に気を使っていたのが伺えます。

淡々としたSF映画ミッドナイト・スカイ
Netflixで視聴可能です。

 

あらすじ

ミッドナイト・スカイ』あらすじ

ある事件が起こり、その3週間後の2049年2月、

人類は滅亡の危機に瀕していた。地球そのものの未来すら絶望的な状況。

そんな中、
科学者のオーガスティンはただ1人、病魔と闘いながら極寒の北極に残ることを決意し、
宇宙探査機アイテルとの通信をしようと、
最後の命を賭して作業を繰り返していた。

オーガスティンが若かりし頃に発見したK-23という惑星
地球以外で生命を維持できる可能性のあるその星を発見したことによって、
宇宙探査機アイテルが調査に向かい、
K-23の調査を終え、地球に帰還しようとしていた矢先に起こった人類と地球の危機。

地球への帰還は無理だ

無事に着陸できる場所はもう、地球には残っていない

帰還を諦めて、K-23に戻り、生き延びろ

その事実を宇宙探査機アイテルに伝えるためだけに、
病魔に侵された体で、オーガスティンは北極に残り続けていた。

命をかけて最後まで
宇宙探査機アイテルに事実を伝えようと戦うオーガスティン、
彼を突き動かしている原動力は何か?

人類の未来を救うため?

いや、もしかしたら、

父親としての使命を伴った贖罪かもしれない・・・。

ミッドナイト・スカイ

 

スポンサーリンク

 

『ミッドナイト・スカイ』を観た方達の感想

男性の声
男性の声
『ミッドナイト・スカイ』の感想

3

映像がとにかく綺麗です。
全体的な空気感は好きですけど、なんか微妙な音楽の入れ方と不必要に思えるシーンの多さに集中力を削がれて、フラストレーションが溜まりました。
しかし、終盤の山場は盛り上がります。
なんとなく予想は出来ていましたが、ラストのワンシーンにはかなりグッときました。

 

男性の声
男性の声
『ミッドナイト・スカイ』の感想

3.5

凄く淡々とした近未来系SF。設定とか世界観はめっちゃ良いです。
ただ、3本の映画を同時進行で観てる感じで、詰め込み過ぎている感はありました。
ティーザーでレディオヘッドの曲を使うのはズルイと思いましたねw
同じような内容のNetflixオリジナルなら、ユピテルとイオの方が個人的には好きでした。

 

男性の声
男性の声
『ミッドナイト・スカイ』の感想

4.5

世界の終わりの天文台で、残り少ない命をどう使うか・・・。映像美とジョージ・クルーニーの熱演も相まって泣かされました。かなり好きな映画です。
最近のNetflixは劇場映えする映画をたくさん作りますね。

 

男性の声
男性の声
『ミッドナイト・スカイ』の感想

2.5

う〜ん、イマイチでした。
暗い、救われない、意外性内の3セット。役者陣は良いんですよ、ただ逆にそれだけといった印象。
他の俳優だったら観た?と問われたら微妙ですね・・・。

 

おじさんの感想

男性の声
男性の声
『ミッドナイト・スカイ』の感想

 

(SF映画の王道とは言えないが、ある男のラストダンスとしては良作)

7.5

 

12月23日からNetflixで配信が開始されたミッドナイト・スカイ

 

ジョージ・クルーニー監督・主演という期待値も高かった本作、
若干肩透かしを食らった感じを受けましたね。

 

物語自体は淡々としたSF映画で、インパクトにはかける、けど、
ツマラナイ作品だったかと問われれば、
そんな事はありません!となる、
なんだか微妙な印象になりました。

 

基本的に、細かい部分の説明はほぼカットされているんですね。
なぜ、人類と地球が滅亡の危機に瀕したのか(放射能系の何かという事は分かります)
危機に瀕した人類のその後(地下に逃げ延びたのかな〜?ぐらい)
アイテルの乗組員だけで人類再興少な過ぎません?)

 

細かく書くともっと出てきてしまうので、やめておきますけど、
こんな風に考えていくとやっぱり、
私が思いつくのは1つです。

 

お父さんの贖罪をテーマにした映画、ではないかと。

 

近未来を描いたSFを舞台設定としただけで、
本当に描きたかったのは、父親だったり家族だったり、自分の子供だったりと、
最後に選ぶのは地球規模の事ではなくて、
自分の周り、家族を守ろうとするのが人間でしょ?的な感覚になりました。

 

「地球を救ってくれ!」ではなくて、

 

お前は生き延びろ!」ですからね。

 

地球の終末を描いた滅亡系SFの醍醐味は一切ありませんが、
父親が命をかけて守ろうとする存在には非常に納得してしまう作品でした。

 

映像も美しいミッドナイト・スカイ
ジャンルはSF映画ですけど、オーガスティンが命をかけて守ろうとした存在
その戦いのドラマを視聴してほしいとなと。

 

12月23日から配信が開始されているミッドナイト・スカイ
Netflixで確認してみてください。

 

スポンサーリンク

 

監督ジョージ・クルーニーについて

ジョージ・ティモシー・クルーニー(1961年5月6日〜)は、
アメリカの俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

主な映画監督作は、

公開年タイトルジョージ・クルーニー
2003年コンフェッション監督・出演(ジム・バード役)
2005年グッドナイト&グッドラック監督・脚本・出演(フレッド・フレンドリー役)
2008年かけひきは、恋のはじまり監督・製作・出演(ドッジ・コネリー役)
2011年スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜監督・製作・脚本・出演(マイク・モリス役)
2014年ミケランジェロ・プロジェクト監督・製作・脚本・出演(ジョージ・L・スタウト役)
2017年サバービコン 仮面を被った街監督・製作・脚本
2020年ミッドナイト・スカイ監督・製作・出演(オーガスティン役)
ジョージ・クルーニー監督
「グッドナイト&グッドラック」(2005年):監督・脚本・出演
☆第78回アカデミー作品賞 ノミネート
→監督賞 ノミネート
→脚本賞 ノミネート
☆第63回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) ノミネート
→監督賞 ノミネート
→脚本賞 ノミネート
第62回ヴェネツィア国際映画祭 脚本賞 受賞

「スーパー・チューズデー〜正義を売った日」(2011年):監督・製作・脚本
☆第84回アカデミー脚色賞 ノミネート

ジョージ・クルーニーに映画監督としての印象はほぼないんですけど、
アカデミー賞に絡んでいたり、脚本も評価されていたりと、
裏方としての才能も持ち合わせているビッグネームといった感じですね。

ちなみに、
ベン・アフレック監督・主演作「アルゴ」(2012年)で、
製作の1人としてジョージ・クルーニーは参加していて(出演はしていません)、
第85回アカデミー作品賞を受賞しています。

裏方の人なんじゃないかと錯覚をしてしまいそうですが、
演技もしっかりと評価を受けている俳優さんであることは間違いありません。

 

 

俳優ジョージ・クルーニーについて

ジョージ・ティモシー・クルーニー(1961年5月6日〜)は、
アメリカの俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサーです。

主な映画出演作は、

公開年タイトル役名
1996年フロム・ダスク・ティル・ドーンセス・ゲッコー
1997年バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲バットマン/ブルース・ウェイン
1998年ピースメーカートーマス・デヴォー
アウト・オブ・サイトジャック・フォーリー
2000年パーフェクト・ストームビリー・タイン
2001年オー・ブラザー!ユリシーズ・エヴェレット・マッギル
2002年オーシャンズ11ダニー・オーシャン
2005年オーシャンズ12
シリアナボブ・バーンズ
2007年オーシャンズ13ダニー・オーシャン
フィクサーマイケル・クレイトン
2009年マイレージ、マイライフライアン・ビンガム
2011年ファミリー・ツリーマット・キング
2013年ゼロ・グラビティマット・コワルスキー
2015年トゥモローランドフランク・ウォーカー
2016年マネーモンスターリー・ゲイツ
2020年ミッドナイト・スカイオーガスティン
個人映画賞
「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年):バットマン/ブルース・ウェイン役
★1997年ゴールデンラズベリー賞 最低スクリーンカップル賞 ノミネート

「オー・ブラザー!」(2001年):ユリシーズ・エヴェレット・マッギル役
第58回ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞

「シリアナ」(2005年):ボブ・バーンズ役
第78回アカデミー助演男優賞 受賞
第63回ゴールデングローブ賞 助演男優賞 受賞

「フィクサー」(2007年):マイケル・クレイトン役
☆第80回アカデミー主演男優賞 ノミネート

「マイレージ、マイライフ」(2009年):ライアン・ビンガム役
☆第82回アカデミー主演男優賞 ノミネート

「ファミリー・ツリー」(2011年):マット・キング役
☆第84回アカデミー主演男優賞 ノミネート
第69回ゴールデングローブ賞 主演男優賞 受賞

アカデミー主演男優賞はノミネート止まりですけど、
アカデミー助演男優賞に輝いた経歴を持っていますし、
ゴールデングローブ賞では、主演も助演も獲得している、いまや大御所の俳優さんです。
今年で59歳。

個人的に印象深いのは、
シリーズの中でも微妙な評価を下されている「バットマン&ロビン」(戦犯はシュワちゃんの可能性が)。

実話を基にしたパニック映画「パーフェクトストーム」。

コーエン兄弟の「オー・ブラザー!」。

最近だとSF映画「ゼロ・グラビティ」などの印象も強く残っています。

やはり監督として、というよりは、
俳優ジョージ・クルーニーの方がしっくり来ますね。

そういう意味でも、
Netflix12月23日から配信されているミッドナイト・スカイは必見です。
監督ジョージ・クルーニーと、
俳優ジョージ・クルーニーの2面を楽しめますからね。

 

Netflixで視聴できるジョージ・クルーニー出演作

2020年12月現在
Netflixで視聴できるジョージ・クルーニー出演作は、こちらです。

Netflix
「アウト・オブ・サイト」(1998年):再生時間2時間2分

「マイレージ、マイライフ」(2009年):再生時間1時間50分

「ゼロ・グラビティ」(2013年):再生時間1時間30分

ミッドナイト・スカイ(2020年):再生時間1時間58分

「デヴィット・レターマン 今日のゲストは大スター」(インタビュー番組)
シーズン1エピソード2のゲストがジョージ・クルーニー:再生時間53分

「ビルマーレイ クリスマス」(バラエティショー)
ビル・マーレイが豪華スターらと贈るクリスマスバラエティショー:再生時間56分

12月現在だと、
映画が4本インタビュー番組が1本バラエティが1本
計6本Netflix視聴可能となっています。あまり多いとは言えませんね。

今年の12月23日
ここにミッドナイト・スカイが加わりました。

同じ宇宙ものということで、「ゼロ・グラビティ」あたりを視聴しておいて、
ミッドナイト・スカイの繋ぎにするのもよろしいかと。「ゼロ・グラビティ」は再生時間1時間30分という短さですから、観やすいし楽しめると思います。

 

 

最後に

 

ジョージ・クルーニー監督主演もジョージ・クルーニーというSF映画
Netflixオリジナルミッドナイト・スカイを紹介させて頂きました。

12月Netflixで解禁された注目作
デヴィッド・フィンチャー監督作、ゲイリー・オールドマン主演の「Mank/マンク」同様、
このミッドナイト・スカイも注目作の1つです。

Mank/マンク」という伝記映画を視聴してから、
SF映画ミッドナイト・スカイ』、
なかなかなハード視聴になってしまいますけど、暇潰しにはもってこいの2作です。

寝不足にならないよう気をつけながら、
色合いの違う2作を楽しんでみてください。

そして、
「ウォーキング・デッド」シーズン10で追い打ち・・・、

12月のNetflix、私も気をつけます。

ではまた。

 

(Visited 7 times, 2 visits today)

スポンサーリンク