シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』キャスト/あらすじ/感想、Disney+で配信中

2022年8月5日

アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作の1つ「プレデター」。

30年以上前の作品ですけど、
今だに根強い人気のあるSFアクションの傑作です。

“プレデター”という特異なキャラクターも相まって、
今ではシリーズ化されるほどに。
(全部が面白い訳ではありませんけど)

そんなプレデターシリーズの最新作、第5弾がDisney+で公開されています。

プレデター:ザ・プレイ

プレデターシリーズ最新作第5弾
全てのシリーズ作品の前日譚、地球へやって来た最初のプレデターのお話

✅ 今作でプレデターと戦うのは女性
(主演:アンバー・ミッドサンダー、ナル役)

✅ 初代「プレデター」に最も近い内容の物語

時代背景は異なりますけども、
初代「プレデター」と「プレデター2」のような、
最終的に“プレデターvs人間1人”という胸熱展開が描かれていて、
懐かしさを感じながら楽しめる作品となっています。

スポンサーリンク

今までのプレデターシリーズ

シュワちゃんから始まったプレデターシリーズ
今までに4作品ほど製作されています。
(「エイリアンVSプレデター」と「AVP2 エイリアンズVSプレデター」のクロスオーバー作品は外しております)

プレデターシリーズ

第1弾「プレデター」(1987年)

第2弾「プレデター2」(1990年)

第3弾「プレデターズ」(2010年)

第4弾「ザ・プレデター」(2018年)

このプレデターシリーズ
Disney+で全て見放題となっていますから、
一気に追いかけるならDisney+が断然お得だと思います。

 

第1弾「プレデター」

プレデター

PREDATOR(1987) | Full Movie Trailer in Full HD

【監督】
ジョン・マクティアナン
(「プレデター」の後、1988年「ダイ・ハード」を生み出した監督)

【脚本】
ジム・トーマスジョン・トーマス

【キャスト(役名)】
アーノルド・シュワルツェネッガーダッチ

カール・ウェザースディロン

エルピディア・カリロアンナ

ビル・デュークマック

ジェシー・ベンチュラクーパー

ソニー・ランダムビリー

リチャード・チャベスポンチョ

シェーン・ブラックホーキンス

プレデター
演:ケヴィン・ピーター・ホール
声:ピーター・カレン

【日本公開】
1987年6月28日

第1弾「プレデター

【見どころ】
何と言っても、
強烈な肉体美を誇っていたシュワちゃんと、
捕食者(ハンター)“プレデター”との一騎打ちは必見です。

少ない火薬を駆使し、地形を利用した戦術と、
相手の視覚を利用したカモフラージュによって“プレデター”と互角の戦いを繰り広げるシュワちゃんだけでも、観る価値アリ、ですね。

この頃のシュワちゃんは、
1984年「ターミネーター」
1985年「コマンドー」
1986年「ゴリラ」
1987年「プレデター」「バトルランナー
1988年「レッドブル」「ツインズ」
1990年「トータル・リコール」「キンダガートン・コップ」
と立て続けに出演映画を大ヒットさせ、そして、
1991年「ターミネーター2で今尚続いている不動の立ち位置へと駆け上がって行きました。

その駆け上がっている最中に製作されたSFアクションの傑作が、
シリーズ第1弾の「プレデター」です。

スポンサーリンク

第2弾「プレデター2」

プレデター2

Predator 2(1990)Trailer #2 | Danny Glover

【監督】
スティーヴン・ホーキンス

【脚本】
ジム・トーマスジョン・トーマス

【キャスト(役名)】
ダニー・グローヴァーマイク

ゲイリー・ビジーピーター

ルーベン・ブラデスダニー

マリア・コンチータ・アロンゾレオナ

ビル・パクストンジェリー

ロバート・ダヴィフィル

カルヴィン・ロックハートキング・ウィリー

プレデター
演:ケヴィン・ピーター・ホール
声:ハル・レイル

【日本公開】
1991年1月12日

第2弾「プレデター2

【見どころ】
“プレデター躍動場所”がジャングルから都市へと移り変わった今作。
主人公もシュワちゃん(兵士)からダニー・グローヴァー(刑事)へと移行しました。
時系列的にも、第1弾の続き、ちゃんとした続編という立ち位置ですので、
賛否はあるにしろ、第1弾と同じような内容とはせずに変化させた事は、個人的に好印象でした。
ただ、
残念ながら“シュワちゃんプレデター”を超えるまではいかず・・・、ですね。
それでも、
”ダニー・グローヴァーvsプレデター”は楽しめると思いますよ。

プレデター2」の作中で、
“エイリアンの頭蓋骨”らしき物が飾られているシーンがあるので、
「AVP」への伏線となったそのシーンも確認してみてください。

 

第3弾「プレデターズ」

プレデターズ

Predators | Official Trailer HD | 20th Century FOX

【監督】
ニムロッド・アーントル

【脚本】
マイケル・フィンチアレックス・リトヴァク

【キャスト(役名)】
エイドリアン・ブロディロイス

アリシー・ブラガイザベル

トファー・グレイスエドウィン

ダニー・トレホクッチーロ

オレッグ・タクタロフニコライ

ルイ・オザワハンゾー

ウォルトン・ゴギンズスタンズ

マハーシャラルハズバズ・アリモンバサ

ローレンス・フィッシュバーンノーランド

【日本公開】
2010年7月10日

第3弾「プレデターズ

【見どころ】
再び舞台をジャングルへと戻した第3弾。
今作は完全に、アクションのみを楽しむべき映画となっています。
なぜ?、とか、誰(組織的な)が?、とかを考えても意味がありませんから、
ひたすらに“何かしらのプロ達vsプレデター”を堪能していただければなと。
主演のエイドリアン・ブロディが誇る、鋭利すぎる超絶な鼻筋にも注目しておくと、より一層深く考える事もなく1本の映画として楽しめると思いますよ。

このシリーズ第3弾「プレデターズ」と、
第2弾「プレデター2」の間には約20年ほどの開きがあります。

その間に、
•「エイリアンVSプレデター」(2004年)と、
•「AVP2 エイリアンズVSプレデター」(2007年)が誕生してしまったので、
いろんな意味で難しかったのではないかと予想できてしまいます。

エイリアンVSプレデター」は良作でしたしね。

そう考えていくと、
シリーズ第3弾「プレデターズ」はまだ全然マシな部類なのでは?、
と個人的には思っています。

スポンサーリンク

第4弾「ザ・プレデター」

ザ・プレデター

The Predator | Official Trailer[HD] | 20th Century FOX

【監督】
シェーン・ブラック
(第1弾「プレデター」の“ビリー役”を演じていました)

【脚本】
フレッド・デッカーシェーン・ブラック

【原案(キャラクター創作)】
ジム・トーマスジョン・トーマス

【キャスト(役名)】
ボイド・ホルブルッククイン・マッケナ

トレヴァンテ・ローズネブラスカ・ウィリアムズ

ジェイコブ・トレンブレイローリー・マッケナ

オリヴィア・マンケイシー

スターリング・K・ブラウンウィル

キーガン=マイケル・キーコイル

トーマス・ジェーンバクスリー

アルフィー・アレンリンチ

アウグスト・アギレラネトルズ

イヴォンヌ・ストラホフスキーエミリー・マッケナ

【日本公開】
2018年9月14日

シリーズ第4弾「ザ・プレデター

【見どころ】
シリーズの舞台が、ジャングル⇨都市⇨ジャングルときて、
順番通りに都市部が舞台となっている今作。

個人的にはシリーズ中1番の駄作といった印象です。
コミカルな登場人物達を主軸に置いて、派手さとグロさを増加させ、
“プレデターという存在”に色々と意味を持たせた挙句、詰め込み過ぎてとっ散らかってしまいました。
そんな印象ですので、
見どころはありません・・・。
強いて言えば、
“プレデター犬と人間の交流”ぐらいでしょうか・・・。

この第4弾「ザ・プレデター」が微妙だったから、かどうかは分かりませんけど、
シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイは、
原点回帰といった作品になっています。

 

シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ』キャスト/あらすじ/感想

プレデター:ザ・プレイ

「プレデター」新作映画『Prey』US予告

【監督】
ダン・トラクテンバーグ

【映画脚本】
パトリック・アイソン

【原作】
ジム・トーマスジョン・トーマス
(“Characters”とも表記されているので、キャラデザインだけかもしれません)

【製作】
ジョン・デイヴィスジャーン・マイヤーズ
ジョン・フォックス

【撮影】
Jeff Cutter

【編集】
Claudia Castello

【配信】
日本ではHuluとDisney+にて2022年8月5日より配信

スポンサーリンク

キャスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amber Midthunder(@ambermidthunder)がシェアした投稿

【キャスト(役名)】
アンバー・ミッドサンダーナル

デイン・ディリエグロThe Predator

ダコタ・ビーバースタアベ:ナルの兄

ステファニー・マティアススム

ストーミー・キップ

CJ・コラード

ネルソン・リーズWaxed Mustache

プレデター:ザ・プレイで覚えておくべきなのは、
主人公のナル、その兄タアベ、そして、
ナルの相棒で愛犬のサリイぐらいで十分です。

 

あらすじ

プレデター:ザ・プレイ』あらすじ

300年前、
コマンチ族が暮らす地球に、1体のハンターがやってきた・・・。

ハンターの目的はただ1つ、

“獲物を狩ること”

コマンチ族の女性戦士ナルは、
自身が一人前だと部族に認めらたい一心で、日々訓練に励み、
男性がやるべき狩りの仕事を女性ながら、率先してこなしていた。

そんなある日、ナルは、
部族の1人がライオンに襲われ怪我をしたという連絡を受け、
強引に捜索に参加し、
ライオンの痕跡を追いかける。

そして、
ライオンでもない、熊のものでもない痕跡を見つけ、
得体の知れない“何か”に危機感を覚えたナルは、
相棒で愛犬のサリイと共に、
単身で“何か”の痕跡を辿っていく。

やがて、
“何か”がナルの目の前に・・・。

“何か”=ハンター=プレデター

300年前の地球で巻き起こった、
女性戦士ナルvsプレデター

プレデター:ザ・プレイ

“アメリカ先住民族の1つ:コマンチ族の女性戦士が主人公”
“プレデターが初めて地球に襲来した時代”
“シリーズの原点回帰のような物語”

シリーズ1作目の匂いがプンプンする今作。

シュワちゃんパートのように、
“泥でカモフラージュ”的な部分も描かれておりますので、
初代が好きなファンは必見ではないかと。

プレデターシリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ
2022年8月5日よりDisney+で配信されています。

スポンサーリンク

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
プレデター:ザ・プレイ』の感想

 

(シリーズファンなら必見です)

8.5

 

Disney+で配信中のプレデターシリーズ最新作、
プレデター:ザ・プレイを視聴しました。

 

簡単に言うと、おすすめ!

 

シンプルで分かりやすい内容で、展開のスピードも良く、約90分ほど全く飽きずに再生可能な映画ですね。

 

人間の武器もプレデターの武器も旧式で、
しっかりと時代背景にマッチし、違和感のない戦闘を堪能できるのではないでしょうか。

 

グロテスクな先祖感を醸し出していたプレデターの容姿。
この戦いが元になって・・・かどうかは分かりませんけど、
狩りに必要な武器の数々がどう未来で改良されていったのか、といった部分も、
シリーズファンなら楽しめると思います。

 

腕のアレは未来で超強力に・・・。
マックの頭部を撃ち抜いたプラズマキャノンの原型がこれか・・・。
相変わらずなカメレオン技術・・・などなど。

 

そして、対プレデター戦のお楽しみ要素の1つ、
“泥でカモフラージュ”的な部分は、
“ある物でカモフラージュ”、ちゃんと描かれておりました。

 

プレデターシリーズを観てきたファン達を楽しませるために、
丁寧に製作された感のある1作です。

 

ただ、
伏線回収されたラストバトルではありましたけど、
若干、アッサリ決着感を・・・。

 

プレデターも進化の過程、という事で納得です。

 

第4弾の「ザ・プレデター」より明らかに面白かったですね。

 

初代「プレデター」に勝てる、とは言いませんが、
シリーズを観てきた方なら必見、おすすめです。

 

シリーズ最新作『プレデター:ザ・プレイ
観ておいて損はありません。

スポンサーリンク

最後に

プレデターシリーズ最新作
第5弾『プレデター:ザ・プレイを紹介させていただきました。

予告動画の期待通り、楽しめた1作になりました。
おすすめです。

これは余談ですけど、
Disney+を利用してこのプレデターシリーズを第1弾から第4弾まで、
休日に一気に視聴しました。

4つを1から再生し続けた結果、
結局、
シリーズ第1弾「プレデター」がやはり至高でしたね。

頭抜けて面白かったです。

でその時、
「プレデター」を英語音声、日本語字幕で視聴したらですね、
物語の冒頭、“ダッチ”と“ディロン”が再会する場面があるんですけど、
そのシーンでのシュワちゃんの、
「ディロン!」というセリフが、
明らかに大根ぽくて、ちょっと笑ってしまいました。

日本語吹き替えのレベルの高さを痛感した一瞬・・・。

と言いつつ、
プレデター:ザ・プレイは字幕で視聴・・・。

ではまた。

 

(Visited 368 times, 1 visits today)

スポンサーリンク