五十嵐貴久『コヨーテの翼』あらすじと評価と感想【暗殺のプロvs警備のプロ】

映画やドラマにもなった、
「リカ」という恐ろしい存在を生み出した五十嵐貴久のサスペンス小説、
コヨーテの翼

コヨーテの翼

✅ 東京オリンピックを舞台に、
日本の警察組織vs凄腕の暗殺者を描いたサスペンス

✅ 文庫本で280ページほど、一気読み必至です

五十嵐貴久といえば、
「リカシリーズ」があまりにも有名になっています。
すでに7作を生み出し、8作目もすでに決まっているそうです。

どうせそのうち8作目も読むことになるので、
「リカ」を追いかけるのは少しお休みしまして、
色の違うサスペンス小説コヨーテの翼でもいかがでしょうか。

スポンサーリンク

五十嵐貴久『コヨーテの翼』あらすじと評価と感想

コヨーテの翼』五十嵐貴久

  • Beginning 「April 1st.」5〜
  • Assassination 1「April,2020」9〜
  • Assassination 2「May,2020」67〜
  • Assassination 3「June,2020」109〜
  • Assassination 4「July,2020」175〜
  • Assassination 5「7/24/2020」227〜

スポンサーリンク

あらすじ

コヨーテの翼』あらすじ

ある宗教の過激派は聖戦遂行のため、
1人のスナイパーを雇った。

そのスナイパーは数々の要人暗殺に関わったプロ中のプロだが、
正体は不明。

年齢、経歴その他一切不明、
写真もなく、身長や体重のデータも存在しないスナイパー、
コードネーム:コヨーテ

そして、
ターゲットは、
日本で開催される東京オリンピックの開会式に出席する、
日本の総理大臣や世界各国のVIP。

全世界へ生中継されるオリンピックの開会式で、
世界各国の人が見守る中、
ある宗教の過激派が画策した聖戦テロ・・・。

そんなある日、
オリンピック開催の中止を求め、要求に応じなければテロも辞さないという、
1通のメールが警視庁に届いた。

超人的スナイパーvs日本の全警察官
コヨーテの策略を防ぐことはできるのか?

コヨーテの翼

 

 

評価

五十嵐貴久のコヨーテの翼
初版の発行は2018年12月、約4年前にハードカバーで発売されました。

文庫化されたのが、
2022年5月15日。

ホラー小説が有名になっている著者ですけど、
このサスペンスも高評価です。

【楽天ブックス】
文庫版:レビュー数8件で5点満点中3.7
電子版:レビュー数7件で5点満点中3.6
ハードカバー:レビュー数15件で5点満点中3.5

【Amazon】
文庫版:レビュー数20件以上で5点満点中3.8

【honto】
文庫版:レビュー数10件以上で5点満点中3.7

 

 

おじさんの感想

おじさんの声
おじさんの声
コヨーテの翼』の感想

 

「リカシリーズ」でお馴染みの小説家、
五十嵐貴久のサスペンス小説コヨーテの翼

 

東京を舞台とした日本の警察組織と暗殺プロとの攻防、面白かったです。

 

物語自体、そこまで長いものではありません。

 

視点的にも大きく2つですから、
展開のスピード感もあって一気読みできてしまう作品となっています。

 

ただ、

 

2018年に書かれた小説ですので、
コロナによる東京オリンピックの延期などはなく、当初の予定通り開催、
現実と重ねて読み進めるのは少し難しいかも・・・。

 

「もし、東京オリンピックが予定通り開催という運びで、テロの予告があったなら?」
と想像しながら読み進めることをお勧めします。

 

ラストにも驚きのサプライズが!

 

若干、スパッと終わらせ過ぎている感を受けてしまいますけども、
最後まで興味が薄れることなく堪能できました。

 

五十嵐貴久、
リカシリーズ」だけではありませんね。

 

「リカシリーズ」とは違った魅力のあるコヨーテの翼
読んでみてください。

 

 

最後に

五十嵐貴久のサスペンス小説コヨーテの翼を紹介させていただきました。

私がこの小説を読んだのは、
文庫化された2022年5月15日以降、
発売されて間も無く手に取りました。

日本の元首相が凶弾に倒れたのが7月、
流石にその時、ビックリし過ぎてこの小説を思い出してはおりませんでしたけど、
こんな記事を書いていると、少しリンクさせてしまいます。

テロ行為や暗殺、戦争も、
小説や映画やドラマの中だけ、フィクションとしてだけで十分・・・ですね。

ではまた。

 

(Visited 17 times, 1 visits today)

スポンサーリンク