デニーロ主演最新作『グランパ・ウォーズ』、豪華キャストのコメディは4月23日公開

妙に豪華なキャストのコメディ映画、

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

2021年4月23日(金)から日本で公開予定となっています。

『グランパ・ウォーズ』

主演はロバート・デ・ニーロ

おじいちゃんデ・ニーロの娘役をユマ・サーマン

おじいちゃんデ・ニーロの悪友役にクリストファー・ウォーケン

主役級の俳優が3人、
うち2人は完全な大御所俳優です。

そして、デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンは、
1979年に日本で公開された名作「ディア・ハンター」以来、
約40年ぶりに同じ映画で共演しています。

スポンサーリンク

 

デニーロ主演のコメディ『グランパ・ウォーズ』

 

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

The War with Grandpa - Official Trailer(Universal Pictures)

原作
ロバート・キンメル・スミス
「The War with Grandpa」

監督
ティム・ヒル

出演(役名)
ロバート・デ・ニーロ(エド・マリーノ)

オークス・フェグリー(ピーター・デッカー)

ユマ・サーマン(サリー・マリーノ=デッカー)

ロブ・リグル(アーサー・デッカー)

クリストファー・ウォーケン(ジェリー)

ローラ・マラノ(ミア・デッカー)

チーチ・マリン(ダニー)

ジェーン・シーモア(ダイアン)

コリン・フォード(ラッセル)

日本公開 2021年4月23日

 

あらすじ

グランパ・ウォーズ』あらすじ

妻を亡くしたエド(デ・ニーロ)は、
娘夫婦と同居することになり、孫のピーターの部屋で暮らすことになった。

最初のうちは、
おじいちゃんと暮らすことを喜んでいたピーターだったが、
自分の部屋から屋根裏部屋へ追いやられる事実を知ると、
当然のごとく激怒。

とうとうピーターはエドおじいちゃんに宣戦布告

「この部屋は僕の部屋だ!」

ここからピーターのイタズラが幕をあける。

あの手この手でエドへ攻撃を仕掛け、
なんとか追い出そうと奮闘するも、エドは部屋に居座ろうと意地になっていく。

エドが意地になればなるほど、
ピーターのイタズラは過激さを増していき、
エドは悪友ジェリー(ウォーケン)の悪知恵を借りながら、ピーターへ対抗。

エドとピーター、
おじいちゃんと孫の部屋取り合戦はやがて、
ご近所を巻き込んだ大騒動へと発展してしまう。

「勝つのはどっちだ!?」

グランパ・ウォーズ

ロバート・デ・ニーロ主演コメディ映画
グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告は4月23日(金)から公開予定となっています。

ただ、前評判はあまりよろしくありません。

Rotten Tomatoes

✔︎ 115件のレビュー中、批評家支持率は30%

✔︎ 平均点は10点満点中4.4点

✔︎ 見解
「時折面白い箇所はあるが、ほとんど見当違いの方向に行っている。『グランパ・ウォーズ』を観た者は何回かクスッとくるだろうが、それ以上に「豊かな才能があるのに、デ・ニーロたちは何を思ってこの作品に出演したのか」という疑問を抱かざるを得ないだろう。」

うるさい批評家には酷評されているグランパ・ウォーズ
デ・ニーロたちの無駄遣いとなるのかどうかは、
批評家たちの意見を無視して、視聴した人だけが分かる事ですね。

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
2021年4月23日(金)から日本で公開予定となっています。

スポンサーリンク

 

豪華キャスト/主演ロバート・デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロ(1943年8月17日〜)は、
アメリカの俳優、映画監督です。

アカデミー賞に絡んだ出演映画を紹介しますと、

公開年タイトル(役名)
1974年ゴッドファーザー PART Ⅱ
(若き日のドン・ヴィトー・コルレオーネ)
第47回アカデミー賞 助演男優賞 受賞
1976年タクシードライバー
(トラヴィス・ビックル)
第49回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1978年「ディア・ハンター」
(マイケル・”マイク”・ヴロンスキー)
第51回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1980年「レイジング・ブル」
(ジェイク・ラモッタ)
第53回アカデミー賞 主演男優賞 受賞
1990年レナードの朝
(レナード・ロウ)
第63回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
1991年ケープ・フィアー
(マクシミリアン・”マックス”・ケイディ)
第64回アカデミー賞 主演男優賞 ノミネート
2012年「世界にひとつだけのプレイバック」
(パット・ソリターノ・シニア)
第85回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート

 

デ・ニーロは計7作品でアカデミー賞に絡んで、
主演男優賞1回助演男優賞1回の受賞経験のある大御所俳優です。

パッと見、
こんなもんかと少なく感じてしまいますけど、
「演技=ロバート・デ・ニーロ」という図式が脳裏に焼き付いているぐらい、
賞レース関係なしに、俳優デ・ニーロが印象深くなっている気がします。

ノミネートされただけの作品でも、恐ろしいほどの存在感を示していますしね。

しかも、アカデミー賞の個人賞に絡まなかった作品でも印象深いものが多数という、
アメリカだけではなく、世界を代表する俳優ですね。

 

 

 

 

 

 

サリー役/ユマ・サーマン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Uma Thurman(@umathurman)がシェアした投稿

 

ユマ・サーマン(1970年4月29日〜)は、
アメリカの女優です。

主な映画出演作は、

公開年タイトル(役名)
1994年「パルプ・フィクション」
(ミア・ウォレス)
第67回アカデミー賞 助演女優賞 ノミネート
1997年「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」
(ポイズン・アイビー/パメラ・アイズリー)
2000年「宮廷料理人ヴァテール」
(アンヌ・ド・モントージェ)
2003年「キル・ビル Vol.1」
(ザ・ブライド)
2004年「キル・ビル Vol.2」
(ザ・ブライド)
2008年「ダイアナの選択」
(ダイアナ・マクフィー)
2015年「二つ星の料理人」
(シモーネ)
2018年「ハウス・ジャック・ビルト」
(女性1)
2020年グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
(サリー・マリーノ=デッカー)

ユマ・サーマンの出演作で圧倒的に有名なのが、
クエンティン・タランティーノ監督作の「キル・ビル」シリーズ。

「パルプ・フィクション」以上に印象深くなっています。

だからと言うかなんと言うか、
その他の作品の印象がどうも薄いんですよね。
ビッグネームだけどパッとしない、そんな感じを受けてしまいます。

ゲイリー・オールドマンの元奥さん、
イーサン・ホークの元奥さん、
必要のない情報が目に付いてしまって・・・。

個人的には、
久しぶりにユマ・サーマンを観られるグランパ・ウォーズに興味津々です。
デ・ニーロ、ウォーケンと共演ですから。

グランパ・ウォーズのケリー役/ユマ・サーマン、
2021年4月23日から日本で公開予定となっています。

 

ジェリー役/クリストファー・ウォーケン

クリストファー・ウォーケン(1943年3月31日〜)は、
アメリカの俳優です。

ロバート・デ・ニーロと同じ歳(今年で78歳)。

ウォーケンの主な映画出演作は、

公開年タイトル(役名)
1978年「ディア・ハンター」
(ニコナー・”ニック”・チェヴォタレヴィッチ)
第51回アカデミー賞 助演男優賞 受賞
1980年「天国の門」
(ネイサン・D・チャンピオン)
1983年「ブレインストーム」
(マイケル・ブレイス)
「デッドゾーン」
(ジョニー・スミス)
1990年「キング・オブ・ニューヨーク」
(フランク・ホワイト)
1991年「マクベイン」
(ロバート・マクベイン)
1992年「バットマン リターンズ」
(マックス・シュレック)
1994年「パルプ・フィクション」
(クーンツ大尉)
1995年「デンバーに死す時」
(ボス)
1999年「スリーピー・ホロウ」
(首なし騎士)
2002年キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
(フランクの父親)
第75回アカデミー賞 助演男優賞 ノミネート
2006年「もしも昨日が選べたら」
(モーティ)
2012年「ミッドナイト・ガイズ」
(ドク)
2016年「メン・イン・キャット」
(フェリックス・パーキンス)
2020年グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
(ジェリー)

主役級の名優であることは間違いないクリストファー・ウォーケンですが、
名脇役といった印象の強い俳優さんですね。

私はおじさんなので、
どうしても「ディア・ハンター」のイメージと、
「スリーピー・ホロウ」の”首なし騎士”の気持ち悪さを真っ先に思い出してしまいます。
ダンディーな容姿に加えて、悪役もこなせる大御所、
そんな印象が出来上がってしまいました。

「ディア・ハンター」以来、約40年ぶりに、
ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンが共演をするコメディ、
グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
正直に言いますと、私の興味はここら辺の豪華キャスト共演のみ・・・。

グランパ・ウォーズは、
2021年4月23日(金)から日本で公開予定となっています。

スポンサーリンク

 

最後に

 

豪華なキャストで無駄遣い、
そんな前評判になっているコメディ映画、
グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告を紹介させていただきました。

コメディ映画ですから、豪華キャストの方が楽しめる気がするんですけど、
残念ながら批評家の人達は、この映画を気に入らなかったみたいですね。

結局、

「観てみないと何も分からない!」

これに尽きると思います。

批評家の意見は無視
これが健全な映画の楽しみ方ではないかと。

ではまた。

 

 

 

 

(Visited 19 times, 1 visits today)

スポンサーリンク